デートで恋人の好感度をあげる3Sとは?

恋人とのデート、楽しみですよね?
思い出に残る時間を過ごしたいでしょうし、もっと彼(彼女)に好感を持ってもらいたいと考えているはずです。

今回はそんなデートの時に意識することによって、恋人にもっと好きになってもらえる3Sを紹介したいと思います。




スポンサーリンク

デートでは愛着行動が利用できる!

愛着という概念をご存知でしょうか?
元々はイギリスの精神医学者ジョン・ボウルビィが提唱したものです。

“人間や動物が示す特定の対象や者に対して形成する情緒的結びつきのこと”

愛着とは上記のように定義されています。

本来は親子関係を表す言葉で、幼児が養育者に親密さを求めるために行う行動と考えられていましたが、近年ではこれを恋愛面において考えている人もいます。

そんな愛着行動の主なものに、視線(sight)、微笑み(smile)、スキンシップ(skin-ship)が挙げられます。

なるほど、どれも育児にとって欠かせないものに思えますよね?

 

視線は関心があることを表す

幼い頃から人と話す時は目をみて話せと言われて来ていると思います。

それは視線を合わせ、相手を見ることによって相手の話に関心を持っていて、また相手自信に好意があることを伝えることが出来るからです。

自分が話している時に、あさっての方向を見ながら聞かれるより、自分の方を見ながら聞いてもらった方が「あ、この人自分の話ちゃんと聞いてくれているんだな」って思いますよね。

また異性の人から視線を感じると「この人自分に気があるんじゃ……」と勘ぐってしまうのも同様です。

視線は相手への関心の現れですから、ちょっと目線を合わせる、話している間は相手を見るという行動が相手との距離を縮められる一歩になるでしょう。

ただし力を入れ過ぎたり、見つめ続けたりしても威圧的で逆効果なのでほどほどが一番ですね。

 

微笑みは好意のサイン

知人に会った時に、またはちょっとした挨拶の時に、相手から微笑まれて悪い気になる人は少ないです。
もちろん不審な人物からへらへらと怪しい笑みを向けられ続けたらさすがに怖いですが……。

しかし大抵の場合、微笑みを見せられるとこちらもそれを好意的に受取ります。

このように微笑みは相手に好意があると示すサインでもあるのです。

当り前のことではありますが、デート中に無表情だったりぶす~っと愛想のない不機嫌そうな顔をしていたりしたら不安にさせてしまいますし、場合によっては喧嘩にもなってしまいます。

作り過ぎない自然の笑顔であったら、相手にもとても好印象を与えられると思います。

 

スキンシップでイメージアップ

スキンシップはイメージアップに効果的です。

女性は頭をぽんぽんと叩かれる行為にドキッとすると言いますし、男性も気軽に肩を叩いてくる女性のことを意識してしまうことはよくあります。
現に男性諸君はデート中に彼女から手を握ってきたり、腕を絡められたりしたらとても嬉しいですよね?

ちょっとした触れあいは相手への信頼を伝えることが出来ます。

ただしスキンシップといってもあまりにベタベタ触ると馴れ馴れしいですし、下心さえ感じさせてしまいますから、ちょっとした場面で腕や肩に触れるくらいがちょうどいいと思います。

別記事でデート中に親密になれる自然なスキンシップ方法も紹介していますので参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

上記のような3Sで好感度が上がるのは当然のように思えますが、それは心理学的にも根拠のある本能的に受け入れたくなる行動だったんですね。
次のデートの際、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

またこれらは恋人同士だけに限られてことではなく、幅広い交友関係で有効です。
時と場合を考えて活用することによって、人との距離がぐっと縮まるかもしれませんよ。

 

(出典:必ず誰かに話したくなる心理学99題)

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す