安藤良太はデイトレで生計を立てていた Twitterで逮捕なう

全国の自治体に爆破予告を出したとして警察に出頭していた大学生の安藤良太(20)が、2月23日に窃盗の容疑で逮捕されました。
直前までTwitterで実況をしていたことが明らかになっています。




スポンサーリンク

事件の概要

安藤容疑者は爆破予告の犯人であると松戸東警察署に出頭していましたが、自宅のパソコンなどは押収されたものの、容疑の裏付けが出来ないという理由で逮捕には至りませんでした。

しかし窃盗の容疑もあったため、別件逮捕として警察は逮捕に踏み切りました。

 

安藤良太容疑者のTwitterでは、23日の逮捕について、実況中継のようなつぶやきが確認されています。

 

まさに逮捕なうですね。

10年以上前に伝説の名言「もうだめぽ」を生み出したやすだゆういち氏を思い出します。

それはさておき、安藤容疑者は唐澤貴洋弁護士を騙って爆破予告を行っていましたが、ツイッターでも彼の名前を使用していました。

因みに二人の間には面識はなく、安藤容疑者は唐澤弁護士に特別な感情があったわけではないそうです。




スポンサーリンク

身寄りがなくデイトレで生計を立てていた

安藤容疑者は現在大学生の20歳。

静岡県出身ですが現在は埼玉県上尾市在住で、大学名などは明確にされていませんのでここでは表記を省略致します。

幼いころに両親は離婚して、女で一つで育ててくれていた母親も3年前に事故で他界して身寄りがありません。

その母親が残した3000万円の保険金を元手に、デイトレで5000万円を稼いで生計を立てていました。

資本金があったにせよ、ここまで増やすことは凄いことです。

 

ここらへんの複雑な事情が彼の精神面に影響しているとは考えられますが、両親を早くに亡くしてしまう人は大勢います。

全員が全員犯罪に走っていては目も当てられませんので、安易に家庭の事情と結びつけることはしたくありません。

とは言え逮捕時の写真を見ると目は「死んで」居ますし、せめて母親が生きていたら彼がこんな事件を起こすこともなかったのかもしれませんね。

 

まとめ

「ニュースになるのが楽しかったから」という身勝手な理由で爆破予告を行った安藤容疑者。

唯一の救いは予告のみで、実際の犯行に及んだ、及ぼうとしたということは一切ないと否定しています。

今後、威力業務妨害の容疑、窃盗の容疑など「懲役3年以下または50万円以下の罰金」を課せられる可能性があります。

実名も出てしまっているし、今後生きにくくなってしまうことは必至でしょうが、このデイトレの腕があれば社会に出ていかずとも生きられるのでは……?とも考えてしまいます。

 

どちらにせよ再犯だけは起こさぬよう更生して欲しいものですね。

スポンサーリンク

コメントを残す