原口篤子の年収は? ただのセレブママじゃない!息子SHOUTAが自慢の母という理由とは

デザイナーと社長業を兼業するカリスマセレブママ、原口篤子さんが6月13日放送の「人生が変わる1分間の深イイ話」に出演されます。

息子はセレブ大学生として有名になったSHOUTAさん。

SHOUTAさんが「自慢の母」と豪語する原口篤子さんはどのような人物なのでしょうか?




スポンサーリンク

以前「セレブ大学生SHOUTAは華族・原口兼済の末裔?」の記事でご紹介した超セレブ大学生・SHOUTAさんの母親である原口篤子さんが「人生が変わる1分間の深イイ話」にケタ違いの超セレブママとして登場します。

原口篤子のブランド「DUAL VIEW」とは

原口篤子さんは海外経験を生かし、1985年にブランド「DUAL VIEW(デュアルヴュー)」を設立させました。

「素材感とカッティングの美しさ」を大切にして、婦人服、靴や毛皮、バッグ、靴、アクセサリーといった商品を取り扱っています。

2005年にはPELLETTERIEPALAZZOLESI社とイギリスのブランドであるBERGEとエージェント契約を、またブラジルのブランドであるブランドZINCOとは独占して商品を流通させることの出来るエクスクルーシブ契約を結びました。

現在では東京都・岡山県・千葉県の直営店3店舗の他に、百貨店に6店舗、専門店卸に250店舗と全国展開をしている有力ブランドです。

本社所在地はこちらになります。

●本社所在地

〒152-0003 東京都 目黒区 碑文谷5丁目2番5号 T&Aビル4階 TEL:03-5721-2240(代表) FAX:03-5721-2254

●代表取締役 原口 篤子

●従業員数  42名

●取引銀行  東京三菱UFJ銀行 自由が丘支店




スポンサーリンク

セレブっぷりが凄い! 年収は?

原口篤子さんは買い付け・展示会などといったディレクター業が忙しく国内外を日々飛び回る生活。

たびたびブログを更新されていますが、庶民にの想像をはるかに超える生活をしております。

これは一台30億以上もするようなクラッシックカーが集まる祭典・コンクールドエレガンスにご主人と参加された時の写真だそうで。

原口篤子
東京都港区の一等地に、200坪15LDKの大豪邸を構える原口さん。

約40畳のリビングには、高価な家具やブランド品が並んでいます。

このような超・セレブ生活を送る原口篤子さんの年収は一体いくらなのか、きになりますよね?

ところで原口さんには結婚34年目になる旦那・原口忠さんがおります。

原口忠さんは1986年に昭和大学大学院医学研究科を卒業し、「医療法人社団朝日会 えびす皮膚泌尿器科」という病院を経営している開業医です。

忠さんが58歳ですから、恐らく篤子さんも50代後半くらいの年齢であると考えられますね。

「皮膚科医は他の医科に比べて高年収である」とは俗によく言われることです。

実際のデータにもそのような側面があるようですから、夫の原口忠さんの年収も相当高いと考えられます。

因みに皮膚科開業医の平均年収は約2600万円であるので、旦那の年収だけでも十二分に暮らしていくことが出来ます。

しかし恐らく原口家は旦那よりも、篤子さんの収入の方が遙かに上であると思われます。

デザイナーはまさに収入格差が激しいピンキリの職業です。

しかし企業と契約をし、クリエイティブディレクターとして活躍する有名デザイナーであればその年収は数千万~数億円となります。

多くのデザイナーが憧れる一部の人間ですが、原口篤子さんはこの一握りに入っている可能性が高いです。

彼女の生活ぶりを見るに、華族の出身であることや夫が開業医であることを抜きにしても、相当なセレブぶりです。

この事から原口篤子さんの年収は億を裕に超えていると考えられます。

 

家庭的な母親の面も?

ファッションデザイナーとして、経営者として活躍する原口篤子さん。

息子であるSHOUTAさんは「本当に自慢の母」と語るように、確かにこんな母親が居たらすご過ぎて脱帽してしまいます。

しかし篤子さんの凄いところはキャリアウーマンとしての面だけではなく、母親としても手を抜くことなく家事をこなしているようです。

 

これほどのセレブですと家にお手伝いさんやシェフが居て、家事なんてやらないと思うのですが……。

いままで原口篤子さんの母親としての側面はピックアップされてきませんでした。

13日放送の「人生が変わる1分間の深イイ話」でどのように放送されるのか楽しみですね。

スポンサーリンク

コメントを残す