廣澤誠吉(竹馬・鉄馬登山家)がキリマンジャロや富士山を制覇 きっかけは空手……?

こんにちは。

突然ですが、登山家の廣澤誠吉さんという方をご存じでしょうか。

登山に興味のある方でないと名前を聞いたことのある方は少ないのではないかと思います。

そんな廣澤誠吉さんが2月19日放送の『激レアさんを連れてきた。』に【竹馬でキリマンジャロを登り切った筋肉超人】としてゲスト出演されます。

そう、廣澤誠吉さんはなんと鉄製の竹馬、鉄馬で登山をする登山家なのです!

何故……? どうやって……? 気になる廣澤誠吉さんのことをご紹介したいと思います。




スポンサードリンク

廣澤誠吉プロフィール

名前:廣澤誠吉(ひろさわせいきち)

生年月日:1946年12月6日(2018年現在71歳)

出身:徳島県一宇村(現つるぎ町)

前職:京都市交通局

趣味・特技:空手、登山、クライミング、一輪車、スキー

 

65歳で退職するまで、京都市の交通局でバスの運転手や地下鉄の駅員として働いていたという廣澤誠吉さん。

妻と子供2人という普通の生活を送る一方『変人』『奇人』とも言われ続けてきた廣澤さんの半生をご紹介します。

 

 

1969年(23歳) 京都市交通局就職

1970年(24歳) 日本正剛館空手道士会入門

1980年(34歳) 京都岳人クラブ入会

1992年(46歳) 空手五段位取得

2011年(65歳) 京都府山岳連盟副会長就任

2013年(67歳) キリマンジャロ登頂

 

身体を動かすことが好きで若い頃から空手や登山に親しんできた廣澤さん。

還暦を越え古希を迎える今でもその趣味を続けているというアクティブな方ですね。

 

何故鉄馬で登山?

そんな廣澤誠吉さんが鉄馬で登山を始めるきっかけとなったものが空手でした。

元々は空手の鍛錬の一環として足腰に負担をかけるために鉄下駄で山登りを始めたのだと言います。

しかし鉄下駄では物足りなくなったため、竹馬に変更。

更に30歳を超えた頃から、より重さと強度のある鉄馬に変更しました。

鉄馬は知り合いの鉄工所に特注したもので、重さはおよそ6キロにも上ると言います。

 

竹馬(鉄馬)は鉄下駄とは違い、バランス感覚が相当必要になってきます。

小学生の頃よく竹馬で遊びましたが、集中力とバランス感覚を養えた気がしますね。地味ですけど結構楽しんですよね。

どこまで高く出来るか競ったり……。

 

さて話を廣澤さんに戻すと、廣澤さんはバランス感覚を養うために、30代からは一輪車通勤を始めました。

変人、奇人扱いされたと言いますが、普通に危なくないか? とツッコんでしまいますね笑

自分がドライバーだったら道端を一輪車で走っている人なんて見つけたらすごい嫌だもん。

 

そうやって鍛えた鉄馬力(?)をもってして、廣澤誠吉さんは67歳の時にアフリカ大陸の最高峰・キリマンジャロに登頂しました。

タンザニアに位置する、山脈に属さない独立峰では世界で最も高い山であり、標高は5895メートル。

日本で一番高い山が富士山の3776メートルであることを考えると、相当な高さを想像出来るかと思います。

言わずもがな、普通に登るのもつらい山でしょうから、普通は鉄馬で登ろうなどとは考えないはずです。

さすがの 現地ガイドも最初は「登れるわけがない」と笑っていたそうです。

 

しかし廣澤誠吉さんは諦めることなく登頂を続けました。

3日間、寝る時以外は一度も足をつけることなく鉄馬に乗りながら休憩や食事を摂ったのだといいます。

最初は笑っていた現地ガイドも最後は懸命に応援をしてくれ、無事廣澤さんはキリマンジャロを鉄馬で登頂という偉業を果たすことが出来たのです。

空手の鍛錬がこんな方向へ行くとは、さすがの本人も始めた当初は思わなかったのではないでしょうか。

 

これからの廣澤誠吉さん

自らの半生を振り返り『異色冒険 鉄馬登山家』(風詠社)という自伝を自費出版された廣澤誠吉さん。

様々な趣味を行っていますが、ご本人は「何れも決して早い方ではなかった」「早かったのは恋愛と酒とたばこくらい」と語っております笑

 

確かに空手は20代、登山は30代と早い方ではありません。

それでも鍛錬を怠らず、とことんやり込むと言う姿勢が充実した結果を生み出したのではないでしょうか。

廣澤誠吉さん自身も、このような言葉を自伝で書いています。

 

「物事を始める時、『この年からでは遅い』と言うが、大成は出来なくても、幾つから始めても感動は同じである」

 

自分も何かを始める時「今からじゃ遅いかな……」「小さい頃からやってた人には追いつけないし」と考えて及び腰になることがあります。

ですが、一生懸命やることで感動は味わえるという言葉には勇気を貰えますね。

 

これからも山登りも鉄馬も続ける、面白いことを積み重ねて行きたいと意気込む廣澤さんの目標は自伝の後編が出せるように130歳まで元気で生きること。

130歳はさておいても、これからもパワフルに生きる廣澤誠吉さんの活動を応援いたします。

 

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018


スポンサードリンク

コメントを残す