インフルエンザに罹りやすい人の特徴

冬になり、今年もインフルエンザの時期がやってきました。
生まれてこのかた予防接種は受験期に一回受けたのみですが、インフルエンザ感染率はゼロ。
一方で毎年罹ってしまう不運な人もいます。
今回はそんなインフルエンザに罹りやすい人の特徴についてまとめてみました。




スポンサーリンク

インフルエンザは何故冬に流行るのか

まず、インフルエンザは夏には姿を消します。
ごくまれに夏でもかかる人がいるようですが、基本的にインフルエンザは冬に流行します。
それは何故なのか。

答えはインフルエンザウイルスが生存出来る適温が20度、湿度が20%前後と言われているからです。

冬は低温で空気が乾燥していますので、その気候がウイルスにとってとても居心地が良いのです。
また低温乾燥の条件下では私たちの体も免疫力が下がってしまい、体内に入って来たウイル スに負けてしまうこともインフルエンザに掛かりやすい要因となっています。

 

インフルエンザに罹りやすい人と対策

しかし同じ環境化と言えど、インフルエンザに罹らない人と罹ってしまう人がいます。
残念ながらインフルエンザにかかりにくい体質というのは、医学的にはまだ報告が無いようで すが、インフルエンザに罹りやすい人というのには以下のような共通点があるそうです。

 

・ストレスが多い
精神的ストレスを受けた人はそうでない人と比較すると、免疫力が低いという結果が出ています。
ストレスゼロというのは難しいですが、勉強や仕事の合間にリラックス出来ることや趣味を見つけて、日ごろからストレス解消の時間を設けることが大切です。

 

・睡眠不足など生活が不規則
睡眠不足が続くと免疫低下につながってしまいます。

人によって最適の睡眠時間は異なりますが、自分が満足できる睡眠時間を取れることが理想です。
また食事をきちんと摂っていない人も同様に免疫力が下がってしまいますので、過度なダイエットや不摂生は出来るだけ避けましょう。

・人ごみに出かけることが多い、客商売など不特定多数の人と関わる

・集団生活をしている、または家族に集団生活を送っている人がいる
学校に通っている子どもや子どもがいる家庭、病院で働いている人等があてはまります。
それ以外にも、通学・通勤で電車を使用している人も危険です。
関わる人が多ければ多い程、リスクが高くなることは仕方がないかもしれません。
人ごみに出る時はマスクを着用すると予防に繋がります。

・妊婦

・ぜんそく持ちや糖尿病患者




スポンサーリンク

・低体温の人
体温が1度下がると、免疫力が37%、代謝が12%下がると言われています。
筋肉をつけると体温が上がるということから、筋力不足の人もまたインフルエンザに掛かりやすいです。

・便秘がちな人
便秘になると悪玉菌が増殖しやすく、悪玉菌は腸内腐敗を進行させて腸の機能を低下させてしまいます。
最終的に免疫力の低下につながってしまうということです。
便秘はインフルエンザだけでなくうつ病や癌の発症率も高めてしまいます。
乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌のエサとなるオリゴ糖を摂取することをお勧めします。
オリゴ糖は味噌や醤油・はちみつ・乳製品などに含まれています。

 

・水分不足の人
冬は夏に比べると気温も低く汗もかかないため、水分補給が少なくなってしまいます。
乾燥してしまった体はウイルスにとって住みやすい場所なので、あっという間にウイルスにやられてしまいます。
こまめな水分補給を心がけましょう。
以下のような研究結果もあることから、緑茶をこまめに摂取することが良いです。

アメリカの栄養学専門誌では2000人近くの子供たちに緑茶を数日間飲用させ、インフルエンザの発症率を検証しました。その結果、1日1杯から2杯飲用した子供たちのインフルエンザ発症率が38%減少し、1日3杯から5杯飲用した子供たちは46%も減少したという報告がされています。

(引用 http://www.xn--nyqy26a3q2a.biz/category22/entry263.html)

 

また乾燥した部屋に住んでいる人、換気をせずにほこりっぽい部屋に住んでいる人なども注意が必要です。
湿度が50%を超えると、急速にウイルスの生存率が低下することからそれを目安にするとよいでしょう。

 

まとめ

以上インフルエンザに掛かりやすい人の特徴でした。

当てはまる項目が多い程危険度が高いので、今日から意識して自分の生活を振り返ってみましょう。
インフルエンザに掛からないためには、何よりもまず免疫力を高めることが大切です。
十分な休息と栄養を取り、部屋の湿度・温度に気をかけると良いでしょう。

 

……ぶっちゃけた話、自分帰ってからの手洗いうがいもしませんし、部屋は埃っぽくて超低温、おまけに短時間睡眠&ストレスフルの生活なのですが、不思議と風邪を引きません。

ですからこれはもう単純に運の問題なんじゃ――などと言ってしまうと今日の記事すべてが無駄になってしまいますのでここらへんで。

スポンサーリンク

コメントを残す