伊藤沙莉の声がクセになる? 整形疑惑や過去出演作について

女優の伊藤沙莉(21)さんに最近注目が集まってきました。
名前だけ聞くと「誰?」と思ってしまいましたが、10年前のドラマ「女王の教室」に出てた声の低い女の子、と言われると「ああ、桃ちゃんやってた子?」とすぐに思い出せました。

それほど声に特徴のある伊藤沙莉さんが、7月放送の映画「MY NICKNAME is BUTATCHI」の主演を務めることが決まりました。




スポンサーリンク

伊藤沙莉プロフィール

伊藤沙莉(いとうさいり)

1994年5月4日生(2016年現在21歳)

千葉県千葉市出身 同県若松高校卒

趣味特技:カラオケ・ダンス

身長:152cm

事務所:アルファエージェンシー

伊藤沙莉さんと言えば何と言っても特筆すべきはでしょうか。

自分が初めて彼女を見たのは、10年前の話題作「女王の教室」で主人公の友人役・田中桃という女子児童の役でした。

 

このドラマは今では大女優の志田未来さんや福田麻衣子さんにとても注目が集まりましたが、その二人以外の女の子で言うと私は一番伊藤沙莉さんが印象に残っています。

小学生ながらとにかく声がハスキーで特徴的でした。

 

また一時は志田未来さん演じる神田和美と仲違いをしていじめるものの、仲直りをして友情を取り戻す演技も上手にこなしていました。

爆発的な人気が出るというわけではありませんが、現在でもコツコツと女優業をこなし、最近注目を集めています。




スポンサーリンク

整形疑惑とは?

伊藤沙莉さんが整形しているのでは? という声をたまに耳にします。

子役時代の伊藤沙莉さんはどちらかと言えば目が細めで一重に近い顔立ちをしていました。

伊藤沙莉 女王の教室

しかし最近の伊藤さんは目がぱっちりとした二重で写っている写真や映像が多いため、そのような噂が出たのだと思います。

とは言え実際は整形ではなくメイクやアイプチ使用なのではないでしょうか。

 

確かに幼い頃の伊藤さんは一重ではありますが極端に細いわけではなりませんので、十分メイクで変わることが出来るはずです。

そうは言っても伊藤さんは現在でも昔の面影を濃く残しており、整形疑惑はあくまで噂に過ぎないと思われます。

 

実際幼い頃一重だった人が大人になると二重になるという話は決して珍しい話ではありませんからね。

ちょっと変わるとそのような疑惑が出て芸能人は大変ですね……。

 

過去の出演作品

伊藤沙莉さんの芸能界デビューは2003年、9歳の頃でした。
ドラマ14ヶ月〜妻が子供に還っていく〜」で、身体が若返ってしまった女性役を演じ、初めてながらその演技力の高さに注目が集まりました。

その後「みんな昔は子供だった」「女王の教室」などで子役として活躍し、今では「GTO」「トランジットガールズ」「怪盗 山猫」などに出演し高い評価を得ています。

 

なかでも2014年のドラマ「GTO」では小芝風花さん演じる成瀬つぐみをいじめる4人組の一人を演じ、視聴者を本当に怖がらせ不愉快にさせる程の演技力を発揮しました。

いじめ役がはまり役というのも可哀想な気もしますが、伊藤さんの演技が一番好評価だったとのことです。

 

また2015年には連続ドラマ史上初と言われるガールズラブものに挑戦。

義姉妹である佐久間由衣とドラマ「トランジットガールズ」で主演を演じることになり話題になりました。

 

「MY NICKNAME is BUTATCHI」で演じる役は?

さてそんな伊藤沙莉さんがついに7月2日公開の『MY NICKNAME is BUTATCHI』にて映画初主演を果たします。

 

中川大志さん演じる幼馴染(佐竹潤)に片思いをし、恋と友情に揺れる女子高生・野村杏奈役を演じることとなりました。

青春時代の一コマをリアルに演じてくれるのではないでしょうか。

 

映画の詳細は追って更新していきたいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す