木下幹也の高校(進路)は横浜高校? 世田谷西リトルシニア時代に速球143キロ!

こんにちは。

昨日に引き続き、野球界で将来を期待されているスーパー中学生を紹介したいと思います。

中学3年生にして140キロ台の速球を叩きだした世田谷リトルシニアの木下幹也さんです!

彼もまた2月4日放送の『ビートたけしのスポーツ大将』に出演し、松田宣浩選手ら一流バッターと対決をします。

一体どれほどの実力者なのか……?

簡単に紹介していきたいと思います。




スポンサードリンク

【関連記事】

森木大智(高知中)の高校(進路)は?軟式で145キロを記録! 中学生最速!?

田淵一樹(ヤンキース岡山・桑田中学)の最高速球や身長は?

木下幹也プロフィール

名前:木下幹也(きのしたもとや)

生年月日:2002年生

身長・体重:184cm/80kg

所属:世田谷リトルシニア

利き手:右投右打

ポジション:投手

 

練馬区にある開進第三中学に通う傍ら、強豪・世田谷リトルシニアのピッチャーとして活躍してきた木下幹也選手。

身長184センチに体重90キロという体格はすでに大人のそれですね。

この世代で140キロ台を叩きだすには、やはりこれくらいの体格が無いと難しいのだと他の選手たちを見ても思います。

 

木下幹也の成績・速球

木下幹也選手の中学時代の成績を紹介します。

中学2年
2016年リトルシニア全国選抜野球大会(3回戦)
2016年リトルシニア日本選手権大会(2回戦)
2016年ジャイアンツカップ(1回戦)
中学3年
2017年リトルシニア全国選抜野球大会(ベスト8)
2017年リトルシニア日本選手権大会(優勝)

 

小学生の時には羽沢フォースターズというクラブで野球をしており、2014年度は『ジャイアンツジュニア』のチームメンバー18人のうちの一人に選ばれました。

 

最速速球は143キロ!

またストレートの他にも変化球を操る投球術を身につけています。

 

第45回日本リトルシニア日本選手権の決勝戦(vs佐倉リトルシニア)でチームを優勝へと導きました。

世田谷リトルシニアは4年ぶり4度目の優勝。

木下選手は3回まで3人で抑え込む、3ラン打つといった活躍をみせ最優秀選手賞に選ばれています。

投手としても打者としても才能があるようですね。

 

因みに優秀賞には決勝で戦った佐倉の主将である西川選手が選ばれました。

リトルシニア選手権・決勝の映像がありましたのでご紹介します。

 

 

あ~! 力強いホームランですね!

言葉通り本当に高校生のようです。

 

木下幹也の進路

気になる木下幹也選手の進路ですが、東京都在住ですので関東圏の高校になる可能性が高いです。

早稲田実業や東海大菅生といった多くの強豪が集います。

……が、すでに私立横浜高校に決まっているという噂があります。

 

横浜高校は私立の中高一貫の男子高校。

あの松坂大輔選手を輩出した神奈川を代表する野球の名門校ですね。

春夏の連覇と国体、そして明治神宮大会の4冠を成し遂げた唯一の学校としても有名です。

 

2017年の甲子園では残念ながら一回戦で秀岳館に負けてしまいました。

しかし今年は侍ジャパンU-15の代表選手である佐倉リトルシニアの度会隆輝(わたらいりゅうき)選手が入学するとのこと。

木下幹也選手も入学すればさらなる強豪校に成長することでしょう。

これからの横浜高校に期待ですね!

 

スポンサードリンク

コメントを残す