清原と同じく覚せい剤取締法違反で逮捕された野村貴仁の現在は

今月2日、元プロ野球選手の清原和博容疑者が覚せい剤取締法違反で 現行犯逮捕されました。
実は清原容疑者は10年前にも薬物捜査対象でした。
その時に覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕された元同僚の野村貴仁は どうなっているのでしょうか。




スポンサーリンク

10年前が発端 捜査対象だった清原

今回覚せい剤所持で逮捕された清原容疑者ですが、実は10年前にも薬物疑惑があり捜査の対象となっていました。
しかしその際は証拠不十分で警察も逮捕には踏み切りませんでした。

 

この時には巨人でチームメイトでもあった野村貴仁が逮捕されています。

野村は1990年代・オリックス在籍時に外国人選手から「グリーニー」※という薬物を勧められ使用しておりました。
巨人で二人が出会ってからは、清原もこの薬物を使用していた可能性があります。

2001年にはメールで清原が野村に薬物を催促していたことも週刊文春の報道により明らかになっており、以下がそのメールの内容です。

2001年11月13日
清原「金を用意するまで2、3日かかると思うので用意できたら、
連絡しますいつもすまんな!」

2001年11月22日
清原「24日までに欲しいのでよろしくお願いします。
いつも無理言ってごめん連絡ください。」

清原「24日までになんとかお願いします。」

もちろん直接的な単語は出ていませんが、何の話かは分かりますね。

 

※グリーニーとは

集中力や身体能力が一時的に向上し、疲労感がなくなる効果がある薬物です。
ドーピングとして一時期は球界で流行っていたようですが、2006年に禁止になりました。
現在は世界でも違法薬物の認定を受け、当然日本において違法薬物となっています。




スポンサーリンク

野村貴仁の経歴は? 現在は?

野村貴仁は1969年1月10日生まれの高知県出身。

高知県立高岡高校宇佐分校卒業後は三菱重工三原へ入社し、1990年21歳でオリックスから3位の指名を受けプロ入りを果たしました。

1995年のリーグ優勝の際に活躍しており、その後は巨人に移籍、メジャーの経験、日ハムへの移籍などを通して2004年に現役を退きました。

その2年後、地元である高知市内で覚せい剤取締法違反の疑いにより逮捕され、懲役1年6月、執行猶予3年という有罪判決となりました。

 

しかしそれから10年経った現在、野村の姿を知る人は誰もいません
表沙汰には全く出て来ませんし、職業や居場所といった一切の情報が不明です。

と言うより10年前に覚せい剤で逮捕された人のことなんて今回の事件があるまでみんな忘れていたと思います。

 

そして10年越しに当時一緒に薬物を使用していたと思わしき清原が逮捕されました。

証拠不十分で逮捕に至らなかったとはいえ、確かに10年前も清原はグリーニーを使用していたはずです。

野村は当時、どうして自分だけが……と思ったかもしれません。
そんな彼は今回の清原の逮捕を受けどう感じているのでしょうか。
その心情は今のところ誰も知ることは出来ません。

スポンサーリンク

コメントを残す