小園凌央の大学や本名 親の話ばかりでつまらないと言われるが演技力は?

タレントのヒロミさんと松本伊代さんの息子である小園凌央さんが4月から放送のドラマ「僕のヤバイ妻」に出演することが決まり注目を集めています。

まだまだ知名度は高くない小園さんですが、現在は現役大学生ということで、通っている大学やご両親との関係についてまとめてみました。




スポンサーリンク

小園凌央プロフィール

名前:小園凌央(こぞのりょう)

本名同じ

生年月日:1995年9月9日

出身:東京都

所属:A-team

大学:成城大学芸術学科

現在20歳の小園凌央さんは、成城大学に通う現役大学生

大変だとは思いますが、学業と芸能活動を両立させているようです。

成城大学は多くの芸能人やアナウンサーなどを輩出しており、家柄が良い人が行くようなイメージのある大学ですね。
幼稚園から大学までエスカレーターで進学していますから、改めて両親の偉大さを感じます。

同級生には木梨憲武さんの息子・幹太さんがおり、家族ぐるみでの付き合いがあるとのこと。

なかなか一般人には近づきがたい世界に住んでいるようです……。




スポンサーリンク

演技について

昨年3月に芸能界入りを果たした小園凌央さん、俳優としてのデビューは2015年9月の舞台「Letter2015」でした。

 

先月3月には辻村深月さん原作のドラマ「サクラ咲く」に出演し、4月から放送のドラマ「僕のヤバイ妻」で連ドラ初出演となります。

主人公・望月を演じる伊藤英明さんが不倫相手と妻の殺害計画を立てるという泥沼ドラマ。

望月が経営するカフェの店員役を今回小園さんは演じることになりましたが、物語にどのように関わって来るのでしょうか。

同じく二世である関口アナムさんも出演するという当ドラマ。

比較されること間違いなしですが、お互い高め合い頑張って欲しいですね。

あえて父親とも母親とも異なる俳優の道を選んだ小園さん。

演技のことでなら両親を引き合いに出されないだろうという思いがあってのことなのかもしれません。

まだまだ演技の経験が少ないですが、今後どのような役を見せてくれるのかきたいです。

 

両親との関係は? 七光りと言われているけど……

小園凌央さんとご両親の仲はとても良いようです。

弟に高校生の小園隼輝さんがおり、成城高校で野球部として活躍しているそうですが、彼を含め家族仲は良好な様子。

父に対しては「尊敬しすぎて甘えられない」「パパと呼べない」と少し一線を引いているようです。

しかし番組内で電話を掛け「パパ」と呼ぶと、ヒロミさんは「パパでいいじゃないと」優しい一面を見せました。

一方で母親の松本伊代さんに対しては「松本さん」と呼ぶほど友達感覚で接しているとのこと。

ヒロミさんに対する尊敬や緊張を松本さんが和らげているような感じもして、バランスのとれた両親なのではないでしょうか。

 

そうは言っても父親と母親が有名タレントと歌手。

二世タレントには必ずついてしまう「七光り」というレッテルが早くも貼られてしまっています。

しかし小園凌央さんは「親の力を使わずどこまで行けるか」を試すため、オーディションに受かるまで親の存在を隠していました。

後々にバレて騒動になったとのことですが、芸能界入りをしたところまでは両親の力ではないようです。

舞台では半年で準主役のポジションを取るなど、芸能界入り後は両親の存在が影響している節はあるものの、二世タレントが必ずしも成功するとは限りません。

18日放送の「バイキング」に出演した際にネット上では、

・親の話ばかりでトークがつまらない
・声が小さい
・喋り方が苛立つ

とだいぶ酷評されていました。

 

また「バイキング」では二世タレントが嫌いなことで有名な坂上忍さんが早速カツを入れている場面が見られました。

「その後どうするかだから」と坂上さんが言ったように、今後厳しい世界で生き残れるか否かは本人次第なのではないでしょうか。

芸能活動をしていく中で「二世」ということはとても有利なことではあります。

しかし役者活動においては一人の俳優さんとして小園さんのことを見たいところですね。

スポンサーリンク

コメントを残す