松井咲子は現在桐朋学園の大学生! AKB卒業理由はピアノに専念するため?

2015年6月に7年間活動をしてきたAKB48を卒業された松井咲子さん。

「夢に向かって今まで以上にがんばります!」と宣言をし、現在では大学に復学されピアノを学んでいます。




スポンサーリンク

松井咲子プロフィール

名前:松井咲子(まついさきこ)

生年月日:1990年12月10日(25歳)

出身地:埼玉県蕨市

学校:東京音楽大学付属高等学校卒業→東京音楽大学音楽学部音楽学科器楽専攻ピアノ科

身長:167.5 cm

スリーサイズ:82-60-86

所属:元AKB48メンバー(7期研究生→チームK→チームA)

2008年から7年間にわたってAKB48での活動を続けてきた松井咲子さんですが、中学卒業後は東京音楽大学付属高等学校、東京音楽大学のピアノ科に入学するなど、本格的にピアノを続けていました。

AKBの活動の中では特別目立つ存在ではありませんでしたが、ピアノ演奏でソロアルバムを出したり、「芸能界特技王決定戦TEPPEN」ピアノ部門で、優勝を果たすなど個性を生かした仕事をこなしてきました。

そして2015年、AKB48の卒業を発表し同時に音楽大学への復帰も表明。

その年の総選挙に出なかったのは音大復学が理由ではないようですが、松井さん自身本当にやりたいことが見つかったのだと思います。

その証拠に2015年5月に行った卒業発表の際には「AKBの活動の中で私自身もうやり残したことがないんじゃないかなって思いました」と語っています。

 

現在は桐朋学園の大学生

AKBは卒業したものの、個人としては色々とやりたいことが残されているという松井さん。

CDデビューを始め、音楽に関わる仕事も増えてきました。

また現在は桐朋学園芸術短期大学に通い音楽の勉強をされているとのことです。

桐朋学園芸術短期大学は演劇専攻と音楽専攻の二つからなる芸術科のみが存在しますが、松井さんが通うのは音楽専攻です。

桐朋学園芸術短期大学は多くの芸能人を輩出しており、女優ですと大竹しのぶさんや南果歩さん、声優ですと川上とも子さんや朴璐美さん。

お笑い芸人の近藤春菜さんや俳優の高畑裕太さんなどの有名人の方々の母校でもあります。




スポンサーリンク

 

ピアノの実力は?

3歳の頃からピアノを習い、絶対音感を持っているという松井咲子さんはいくつもの大会やコンクールでの入賞経験が有ります。

上記にもありますが「芸能界特技王決定戦TEPPEN」のピアノで2回優勝をしています。

ピアノについては全くの素人ですので具体的な評価は出来ませんが、とても綺麗な旋律だと思います。

また2012年には「呼吸するピアノ」でソロデビューをします。

AKBメンバーでは板野友美さん、前田敦子さん、岩佐美咲さん、指原莉乃さん、渡辺麻友さんに続き6人目のソロデビューということで、オリコン週間チャートではピアニストで初の初登場トップ10を記録する功績を残しました。

これからはピアニストとして活動していく一方で、タレント活動も続けていくとのことです。

AKBを卒業して本格的にピアニストと目指すことで「アイドルにしては上手」という見られ方ではなく、一音楽家としての評価を受けることになるでしょう。

今以上に大変なことかと思いますが、松井さん自身が望んで頑張っていこうと決めたことですので、これからの活躍に期待をしたいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す