NANA(MAX)の旦那・ダンサーCHINOの年収や経歴 交際のきっかけは?

昨年20周年を迎えた女性4人グループ・MAXのNANAこと澤岻奈々子さん(40)が結婚しました。

お相手はダンサーでコレオグラファー(振付師)のCHINOさん(46)
出会いは15年ほど前になりますが、結婚のきっかけはなんだったのでしょうか?




スポンサーリンク

1995年に結成されたMAXは昨年で20周年を迎えました。

そのメンバーの一人であるNANAこと澤岻奈々子さんは、かつて安室奈美恵さんのバックダンサーとしても活躍していたことがあります。

そんなNANAさんがダンサーでありコレオグラファー(振付師)でもある6歳年上のCHINOさんと結婚することが明らかになりました。

なんと交際期間はおよそ15年にもなるとのことで長い間愛を育んできたようです。

なぜ今になって結婚することになったのでしょうか?

また名前を耳にしたことのない旦那のCHINOさんとはどのような方なのでしょうか?

 

CHINOの経歴や年収

あまり表舞台に出る方ではないため、CHINOさんの情報は少なく本名も明らかになっていません。

CHINOが本名である可能性も高いですね。千野や茅野など……。

職業はコレオグラァーとのことで、恥ずかしながら「これおぐらふぁー??」と全く知りませんでしたが、平たく言ってしまうと振付師とのことのようです。

英語のChoreographerからきており、1930年代からアメリカで広がった比較的新しい言葉のようです。

ただし日本語でいう振付師という言葉はすでに1710年代にはあったとのことですので、ある意味昔からある職業とも言えますね。

 

そんなコレオグラファーとして活躍するCHINOさんですが、年収や経歴はどうなのでしょうか?

CHINOさんはダンスの実力も高く、コンテストでの受賞経験がいくつもあります。

世界1とも言われるヒップホップチームの「Rock Steady Crew」のメンバーでもあったというのですからその実力の高さがうかがえます。

実際に二人の出会いもCHINOさんがMAXのバックダンサーを担当した時だというのです。

因みにCHINOさんの年収はいくらくらいなのだろうかとゲスな勘繰りをしてみると……

 

・バックダンサーは1ステージごとのギャラ制

・イベントやクラブなどのダンスはおよそ1ステージ3万円程

・レッスン教室も受け持っていればさらに年収UP

 

などを考慮すると、大物ダンサーでもあるMAXのバックダンサーで、知名度の高いグループの振り付けを担当しているCHINOさんの年収はかなり高いことが予想できます。

日本のヒップホップカルチャーのパイオニア的存在とも言われているとのことですので、ダンス界ではかなり有名な方なのですね。

交際期間15年 なぜ今結婚?

MAXのバックダンサーをCHINOさんが担当したことをきっかけに交際が始まったという二人。

出会ってすぐに意気投合し恋人同士になったものの、結婚まではなんと15年もの歳月がかかりました。

1度別れたことはあるものの、復縁しての結婚ということですから相性が良いのでしょうね。

しかし何故15年も経った今結婚となったのでしょうか?

 

NANAさんは結婚適齢期を完全に逃していますし、もしも今後子供が欲しくなったときには遅すぎる結婚だったということになるでしょう。

(今のところNANAさんは妊娠はしておらず、今後も仕事を続けていく意志を示していますが)

実際に交際期間が長くなるとタイミングが無くなってしまうのかもしれません。

手続きや挨拶なども面倒ですし、今の関係を続けている方が楽と思ってしまうこともあるのでしょうか。

 

しかし2年前くらいから結婚を意識し始めたようです。

ちょうど2014年に「女性自身」でスクープされてしまい、二人の関係が公になってしまう事がありました。

この事がきっかけで、けじめをつける意味でも結婚という選択肢を意識し始めたのかもしれませんね。

いずれにせよMAXのメンバーであるREINAさんもMINAさんも既婚者。

この年になると結婚願望が多少でもあれば焦りもあるのかもしれませんが、この度結婚ということになりおめでたいですね。

今まで育んだ15年の愛の上に幸せな家庭を築いていって下さい。

スポンサーリンク

コメントを残す