最上もがの出身や本名は? 「重版出来!」で滝藤賢一の恋人・梨音役に決定!

オタク系アイドル「でんぱ組.inc」で活躍する最上もがさんが、松田奈緒子さんのドラマ「重版出来!」に出演することが決まりました。

売れっ子漫画家・高畑一寸(滝藤賢一)の恋人・梨音として自由奔放な女の役を演じます。
そんな最上もがさんの気になる出身高校や本名、またドラマでの役を紹介したいと思います。




スポンサーリンク

最上もがプロフィール

名前:最上もが(本名:島田瑞希)

生年月日:1989年2月25日

出身:東京都(長野県)

所属グループ:でんぱ組.inc

事務所:DEARSTAGE Inc.

レーベル:MEME TOKYO

父親がプログラマーだったこともあり、幼い頃からゲーム好きだった最上もがさん。

ゲーム以外にも絵をかくことや運動が好き等多趣味で、ピアノやバレエ、生け花や水泳などの習い事をしていた活動的な方でもあります。

 

でんぱ組の衣装デザインを手掛けていたイラストレーターと知り合いだったことからイベントのスタッフに参加し、そこでスカウトされたことがデビューのキッカケのようです。

現在はアイドル活動の他、グラビア活動やテレビドラマ・バラエティに出演するなど多方面で活躍し、特に若い女性から支持を得ています。

 

ネットゲーム中で男性キャラを演じていたことからネット中での一人称が「ぼく」であり、リアルでも「ぼく」を使用しているぼくっ娘

ギャップがあって可愛いですね。

 

出身地は東京都となっていますが、実際のところは長野県の長野市、もしくは上田市になるようです。

ご本人も父が長野の出身だと発言していたことがあります。

また父・島田進さんが通われていた上田高校の同窓会HPに下記のような一文がありました。

島田進さん(4組)の娘さんは昨年12/25から、秋葉原ディアステージを中心に活動するアイドルグループ「でんぱ組.inc」の最上(もがみ)もがとして活躍中
http://uedakant.sakura.ne.jp/64ki/

 

また、上田高校の卒業生に「同級生に最上もががいた」という話も聞きます。

真偽のほどは怪しいですが、彼女も上田高校に通われていたのかもしれません。

偏差値65ほどの上田高校は、県内においてはトップ10に入るレベルの進学校ですので優秀だったのでしょうか。

 

しかし高校については「美術科に進学している」と本人がおっしゃってますので「最上もがは東京出身の美術科高校を出た女の子」ということにしておきましょう。

同級生との関係から人と接するのが苦手になった時期があったことや卒業後ニートだったこと、中学時代は「ラグナロクオンライン」にのめり込んでいた過去を打ち明けた最上もがさん。

何かしら詮索されたくない過去があるのではないでしょうか。

 

本名や出身地についての情報がネット中にはありますが、最上さん本人は年齢も本名も非公開です。

そのため私たちは最上もが≠島田瑞希と考えて彼女を見守っていくべきなのではないかと思われます。




スポンサーリンク

「重版出来!」とは?

4月12日からドラマ放送も決まった松田奈緒子原作の漫画作品「重版出来!」

2011年から小学館『月刊!スピリッツ』にて連載されています。

因みに読み方は「じゅうはんでき!」ではなく「じゅうはんしゅったい」

重版出来とは初版と同じ版を使い、同じ型で刷り直す所謂「再版」です。

「重版するくらいの出来」という意味で、それくらい読者からの支持を得ているということです。

主人公は柔道でオリンピックを目指していた過去もある熱血女・黒沢心

怪我で選手生命を絶たれてしまったため柔道は辞めてしまいますが、柔道をするきっかけになった漫画を思い出し、自分がそうであったように「胸を熱くする漫画を作りたい」という思いで出版社に就職します。

 

彼女の配属先である週刊コミック誌『バイブス』編集部での編集者・漫画家の日々を描いたお仕事漫画。

日本経済新聞が行っている「仕事マンガランキング」で2014年に1位を獲得しました。

昨年、アニメ業界を描いたアニメ「SHIROBAKO」が大ヒットしましたし、「お仕事作品」というのがブームなのかもしれません。

 

最上もがさん演じる梨音ってどんな人?

さて、早速ですがドラマで最上もがさんが演じる役についてご紹介します。

主人公・心が編集者としてつくことになった売れっ子漫画家・高畑一寸(たかはたいっすん)

高畑一寸 滝沢賢一

 

その彼を翻弄し続けている小悪魔的恋人・梨音(りんね)を最上もがさんが演じます。

梨音

ドラマでは高畑一寸役は滝藤賢一さんが演じます。

高畑一寸はデビュー作にして10年間連載をし続けている人気作『ツノひめさま』の原作者。

彼の作品自体はとても発想力豊かで「10年連続 初版30万部」という人気作であり、高畑自身も別会社からの引き抜きがかかるくらいの人気先生です。

 

しかし高畑には一つだけ不安要素があります。

それが「私生活が安定しない」こと。

高畑一寸の彼女梨音は自由奔放で、しょっちゅう浮気や家出を繰り返す小悪魔女です。

強がって入るが本当は繊細な高畑は、彼女が居なくなってしまう度に漫画が描けなくなったり、作品で鬱展開を続けてしまったりする「問題児」でもあったのです。

 

別れたいけど別れられない。

漫画家先生の作品さえも左右してしまう気まぐれ彼女。
テレビドラマの経験はまだ多くない最上さんがどのように演じてくれるのでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す