永野芽郁が「こえ恋」の吉岡ゆいこ役に! カルピス少女から初の主役

「カルピスウォーター」のCMでかわいいと話題になった永野芽郁さんが、連ドラ初の主演を務めることになりました。

comico作品である「こえ恋」のヒロイン・吉岡ゆいこ役です。

永野芽郁さんが演じる吉岡ゆいことはどのような子なのでしょうか?




スポンサーリンク

永野芽郁プロフィール

名前:永野芽郁(ながの めい)

誕生日:1999年9月24日(16歳)

出身:東京都

身長:163cm

血液型:AB型

趣味:写真を撮ること、ギター、ランニング

特技:スポーツ、ものまね

所属:スターダストプロモーション

10歳の頃に吉祥寺を歩いていたらスカウトをされ芸能界へ入った永野さん。

子役として映画やドラマに出演する一方で、ファッション誌『ニコ☆プチ』でモデルとしての経験もあります。

美少女の登竜門とまで呼ばれるようになっている「カルピスウォーター」のCMも務め、かわいいと話題になりました。

映画「るろうに剣心」や大河ドラマ「八重の桜」などに出演、最近では映画「俺物語」のヒロイン・大和凜子役にオーディションで抜擢されています。

月9ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」通称「いつ恋」でも船川玲美役で出演するなど活躍の場を増やしていた永野芽郁さんが、初めての連ドラです。




スポンサーリンク

永野芽郁主役の「こえ恋」どんな作品?

そんな永野芽郁さんが初の主役を演じる作品はcomico(コミコ・スマートフォン向けマンガアプリ)で連載中の「こえ恋」

どーるるさん原作の漫画作品になります。

こえ恋

なぜか紙袋をかぶって生活をしているクラス委員長松原くんと、彼に惹かれていく吉岡ゆいこの青春学園ストーリー。

永野芽郁さんはヒロイン・吉岡ゆいこ役に抜擢されました。

ヒロインである吉岡ゆいこは入学早々風邪で1週間休んでしまい、クラスで浮いてしまうのではないか心配している女子高生。

そんな彼女にクラス委員長である松原くんが電話を掛けてきます。

まだ会ったこともない松原くんの声に、思わず惹かれてしまうゆいこ。

「どんな人なんだろう?」

少しドキドキしながら学校に行ったゆいこが目にした松原くんは、紙袋を被った不思議な男の子でした。

何を考えているかまったく表情は読めないけれど、優しい松原くんにゆいこは「もっと話してみたい」「いろんな声をきいてみたい」と思うようになっていきます。

なぜ松原くんは紙袋をかぶっているのか? その素顔は? ゆいことの関係はどうなるの?

 

スマホ・PCでも読めますし、単行本も6月に発売されるとのことですので、気になる方はドラマが始まる前に読んでみてはいかがでしょうか。

 

永野芽郁と吉岡ゆいこ

松原くんに恋している(無自覚)女子高生の吉岡ゆいこはとても素直でまっすな、感情豊かな女の子です。

はっきりとものを口にする子ではありませんが、松原くんが紙袋をかぶっていることに関して「自分を偽って生きていくのか」と生徒会長に揶揄された時には、間に入り松原くんを庇うなどの勇気も見せます。

永野芽郁さんが起用された理由に、渡辺愛美プロデューサー(東京テレビ)は

「感情豊かに変化する表情、そしていつも相手の話に真剣に耳を傾ける永野さんの姿は、まさにゆいこそのものだと感じました」

と話しています。

どこかふわふわしていても芯の強い誠実な女の子。

俺物語の大和凜子と役柄は近いように思えます。

 

初めての主役ということで緊張気味の永野さんですが「主演だからといってもお芝居に向かう気持ちはいつもと変わらない」とドラマに対しての意気込みを語りました。

女優として少しずつ花が開いてきた印象を受ける永野芽郁さん。

初主演を経験して今後どのような成長をしていくのか楽しみですね。

スポンサーリンク

コメントを残す