中村隼人の本名は? 高校の同級生が豪華過ぎ! 父母についても調べてみた

歌舞伎役者の中村隼人さんが、7月スタートのTBSドラマ「せいせいするほど、愛してる」に久野淳志役として出演することがわかりました。

「龍馬伝」や「八重の桜」にも出演した中村隼人さんですが、民放連続ドラマでのレギュラー役は初めてになります。




スポンサーリンク

中村隼人プロフィール

名前:中村隼人(なかむらはやと:初代)

本名:小川隼人(おがわはやと)

出身:東京都

生年月日:1993年11月30日

身長:175cm

学歴:堀越学園高等学校

屋号:萬屋

定紋:桐蝶

歌舞伎役者・二代目中村錦之介(本名:小川信次郎)と妻・小川しのさんとの間に生まれた歌舞伎一家の長男です。

祖父の四代・中村時蔵(小川茂雄)さんは、34歳という若さで不慮の事故により急逝してしまいましたが、彼は初代中村獅童(小川三喜雄)さんのお兄さんにあたります。

中村獅童と言えば歌舞伎役者・俳優として有名な小川 幹弘さんがいますが、彼は二代目ですので、初代中村獅童の息子ということになります。

つまり中村隼人さんにとって二代目中村獅童さんは従兄弟叔父。

中村獅童さんが再婚して子供が出来たら、その子供は中村隼人さんのはとこということになりますね!

 

そんな中村隼人さんは2002年、9歳の時に歌舞伎座『寺子屋』で松王一子小太郎役を演じ初舞台に立ちました。

それから『加賀見山旧錦絵』の大姫、『堀部彌兵衛』のさち『元禄忠臣蔵』の井関紋左衛門など、いくつもの役を演じました。

歌舞伎以外でもテレビドラマやバラエティに出演しており、大河ドラマである『龍馬伝』では徳川家茂を、『八重の桜』では松平定敬を演じ高い評価を得ました。

7月12日スタートのドラマ『せいせいするほど、愛してる』では民放ドラマ初のメイン級の役となります。

素晴らしい血筋と才能を持っている中村隼人さん、どのような演技を見せてくれるのでしょうか。




スポンサーリンク

「せいせいするほど、愛してる」で演じる役は?

ドラマ「せいせいするほど、愛してる」は振った彼氏がストーカーとなり困っている主人公・栗原未亜が会社の副社長であるイケメン・三好海里に助けてもらうところから始ります。

主演は武井咲さんと滝沢秀明さんですが、中村さんも三好の後輩・久野淳志の役として登場します。

原作では三好の親友ですが、ドラマ版では三好の年齢が27歳から32歳になったため、後輩という設定に変更になったようです。

大手証券会社にトレーダーとして務める傍ら、書いた小説で新人賞を受賞し二足のわらじをはく人物で。

未亜の親友である真咲あかり(水沢エレナ)と美山千明(ドリンドル玲奈)との間で三角関係になる役柄ですので、主人公たちの恋よりこっち側が気になってしまう人も多いかもしれません。

 

 

シャイで恋人が居ないと言われている中村隼人さん。

初の恋愛モノドラマでどのような演技を見せてくれるのでしょうか。

 

高校は堀越高校 同級生が豪華

そんな中村さんは芸能人が多いことでおなじみの堀越学園の出身ですが、とても同級生が豪華であると注目されています。

この世代は有名どころが多く、華の93年組と言われているのです。

同級生には

神木隆之介さん 俳優・声優

野村 周平さん 俳優

志田未来さん 女優

西内まりや 女優(転校)

川島海荷 女優

大後寿々花 女優

山田涼介さん(Hey!Say!JUMP)

知念侑李さん(Hey!Say!JUMP)

中島裕翔さん(Hey!Say!JUMP)

といった名の知れた俳優・女優・アイドルの面々がいるのです。

特に神木隆之介さんとは親友で、今でも食事をしているなど交流が続いています。

意外にも高校時代は神木隆之介さんがクラスのムードメーカーであり、教室内でコスプレをするなど皆を楽しませてくれていたようです。

芸能人が多いことで有名ではありますが、こんな人達に囲まれて授業を受けていた一般人の人もいるわけですから、ファンの人なら行きたい!と思ったことかと思います。

歌舞伎の家の出であることや、同級生が豪華なことで名前が上がる中村さん。

これから舞台だけでなくドラマ出演も増えていく可能性が高いと思いますので、役者としてどのように成長していくか楽しみですね。

スポンサーリンク

コメントを残す