【節分特集】 ワタナベさんは豆まき不要!? 鬼と豆まきの由来

年も明け、スーパーやコンビニの特設コーナーが節分とバレンタインの2強となる時期がやってまいりました。
今年の恵方は南南東となりますが、ここで節分と鬼・豆の関係についてみていきましょう。




スポンサーリンク

そもそも節分とは何か

節分とは各季節の始まりの前日の事です。
各季節の始まりとはそれぞれ立春・立夏・立秋・立冬を指しますので、本来節分は冬だけに限ったものではなかったのですね。

現代では節分と言いますと立春の前日を指す場合がほとんどですが、これは立春が一年の始まりとして尊ばれていたために、江戸時代以降から出来た風潮のようです。

また節分は大寒の最終日でもありますから、一年で一番寒い時期にあたります。

 

なぜ鬼と豆まきなのか

「鬼は外、福は内」
そんな掛け声と共に、節分の日は豆を撒きます。
何故なのか?

節分の日――つまり季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると昔は言われておりました。
そんな鬼を祓うための儀式が追儺(ついな)※と呼ばれ、宮中の年中行事として平安時代初期から行われていたのです。
今ではこの追儺が、節分のルーツにあたると考えられています。

※またの名を鬼やらい・儺やらいとも呼ぶ。

 

炒り豆(大豆)で鬼の目を潰して追い払ったという故事を起源に、邪気払いには豆が使われてきました。
背景には

・豆(穀物)には魔除けの力があるという信仰
・魔目(=豆)を鬼の目に投げつけて退治し(魔滅した)、一年の無病息災を祈る

といった意味合いが存在しています。




スポンサーリンク

豆まきの掛け声は?

豆をまく際には掛け声があります。
有名な「鬼は~外、福は~内」ですね。
しかしながら鬼を神の使いとしている神社等や、鬼という字がつく苗字の人・地名に住む人たちも同じく「鬼も内」という掛け声を使うそうです。

余談ですが、私の母の旧姓が鬼のつく苗字でした。
(この苗字を持つ人間は全員親戚筋なのではないかと思うほど稀な苗字なため特定が怖いので晒しませんが……)

ですが、この掛け声を鬼も内としいたという話は母からも祖母からも聞いたことがありませんね。
そのように言わない家庭、地域ももちろん存在すると思われます。

また「ワタナベ」さんは豆まきの必要がない!? というトリビアも一時期話題になりました。

これは日本史上最大最強と呼ばれている酒吞童子という鬼が、源頼光と渡辺綱を筆頭とする頼光四天王により討伐されたという伝説があるためです。

以降、その腕っ節の強さに衝撃を受けた鬼はワタナベ一門を恐れ、近づかないようにしているとか。
もちろんこの説はちょっとしたネタ記事です。

因みにこの四天王、渡辺綱以外には、坂田公時、碓井貞光、卜部季武の3名が居ましたから、サカタ・ウスイ・ウラベの苗字を持つ人も豆まきの必要はないのかもしれませんね。

 

豆まきの仕方・豆の種類

話はだいぶ逸れてしまいましたが、豆まきの仕方についてです。

豆まきに使用する豆は炒った豆と言われています。
これは魔目(豆)を炒る(射る)というゴロ合わせにもちなんでいますし、厄を負って捨てられた豆から芽が出ることは縁起が悪いと考えられているためでもあります。

豆を神棚に備え、神様の力を頂いてから使用する地域もあるようです。

また北海道・東北・北陸・九州などの家庭では炒り豆の代わりに落花生を撒く場合があり、ウチがまさにそうですね。
大豆より実が汚れにくく拾いやすいため、家の中に撒いた落花生は出来る限り拾って食べています。

外に撒いた物は流石に拾いませんので、次の日そこらじゅうで落花生が踏まれて地面が汚れてますけどね。

豆をまく人は家長である父親、年男であるとされていました。
今ではお父さんが鬼の役をやり、子どもたちが豆まきをしている家庭が多いのではないでしょうか。

とても寒い時期なので防寒対策はしっかりして、古くからの行事を楽しみたいですね。

 

昔、節分の時に「可愛い女の子こ~い!」「メイドさんこ~い」と豆をまきながら近所を闊歩したことがありました。
もちろん可愛い子は来ませんでしたが、うるさいという苦情はもれなく来ました。
ご近所迷惑にならないよう気をつけてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す