SNH48の唐安琪さん 友人に火をつけようと誤り焼身!?

中国・上海市を拠点に活動するAKB48の姉妹グループSNH48

そのメンバーの一人である唐安琪(タン・アンチー)さんが全身の80%に火傷を負ってしまったというニュースが伝えられました。
その理由が衝撃的で、日本のAKBファンだけでなく多くの人に衝撃を与えています。




スポンサーリンク

唐安琪さんの火傷の原因と容態は

SNH48の唐安琪さんが全身やけどを負ったというニュースでSNH48に注目が集まっています。

 

唐安琪はSNH48の「チームNII」に所属し、活躍する23歳。

身長は168cmあり、ニックネームが小天使(エンジェル)なだけありとてもかわいらしい方です。

因みに総選挙の最高順位は28位!

 

そんな唐安琪さんが3月1日の夜、上海市内の喫茶店火災で全身の80%に火傷を負い重傷であるとの情報がありました。

集中治療室で治療中とのことですが、身体の80%も火傷を負っているようですから相当危険な状態かと思われます。

※3/3 唐安琪さんの意識が回復しました。詳細は下記

 

彼女を回復を祈る一方で、火災の理由は彼女自身が火を放ったものであるという話ですから、詳細が気になる人も多いかと思います。




スポンサーリンク

火災の経緯

店長などその場の目撃者の話ですと、

 

唐安琪さんは1日の19時頃に、友人と上海宝山区の万達広場にあるカフェに入った際に口論となってしまいました。

それ以前にも店で注文した円形のチョコレートに対して「形が悪い」と怒るなど、機嫌が良くなかったようです。

 

やがて2人の口論は激しくなり、唐安琪さんはライターを取り出します。

脅すつもりだったのか本当に火をつけるつもりだったのか定かではありませんが、そのライターで友人に火を放とうとしたようです。

しかし火は謝って唐安琪さん本人の衣服に燃え移ってしまいました。

どんな服を着ていたのでしょうか……みるみる唐安琪さんは火だるまになってしまったというのが事の顛末です。

 

実際にライターを取り出したのは唐安琪さんで、燃えたのも唐安琪さんの衣類なので見方によっては彼女が自らに火を放ったと見えてしまいますが、実際は不慮の事故であると思われます。

 

その時の映像を撮影していた人間がいるようで、ネット上で見ることが出来ます。(閲覧注意。自分は怖いので確認出来ていませんが)

一般人なのに人が燃えている現場でカメラを回す神経はなかなかに考えられませんが、まあお国柄なのでしょうか……?

 

ライターの火程度で全身の80%も燃えるなんて恐ろしいですね。

このようなことがあり得るのか調べてみたところ、衣服の袖口から火が燃え上がり大けがになるという「着衣着火」の事故は主に料理中や煙草を吸う時などにあるようです。

 

全身大やけどや死亡するというケースもあり、大きな事故に繋がる可能性は十分にありますね。

 

表面の毛羽に火が着き、一瞬で燃え上がる「表面フラッシュ」という現象もあります。

 

またこの日唐安琪さんはタイツを着用されていたようで、火の回りが早かったのかと思われます。

起毛化学繊維素材のものは瞬く間に燃えてしまいますし、運悪く燃えやすい素材の服を着ていたのではないでしょうか。

回復を願うところではありますが、全身の80%となると相当厳しいと思われます。

※追記
関係者にのツイートによりますと、意識は回復したものの未だ危険な状態にあることに変わりはないようです。

熱傷II度~IV度といわれ、気道も火傷を負い呼吸が出来ない・発声が出来ないという

症状も見られます。

多量の体液が失われ献血を求めた結果、多くのファンが駆けつけました。

 

火傷跡などを考えても容姿を売りにしているアイドルですから、復帰は難しいかもしれません。

なんともやりきれない気持ちですね。

ちょっとした行動が大惨事にもなりえますから、カッとしてもライターなんて持ち出したらいけませんね……。

スポンサーリンク

コメントを残す