鈴木杏奈(カラオケバトル)の歌唱力の秘密は? 小学校を卒業 

3月16日放送の「THEカラオケ★バトル」に小学生の歌姫・鈴木杏奈さんが再び登場します。

歌う曲はいきものがかり「YELL」
日本一の歌うまを決めるこのバトルで何度も高得点をたたき出している彼女の歌唱力の裏には何があるのでしょうか。




スポンサーリンク

鈴木杏奈プロフィール

名前:鈴木杏奈

出身:栃木県(在住)

生年月日:2003年12月5日生(2016年現在12歳)

小学校:野木町立新橋小学校

趣味:カラオケ 絵をかくこと

カラオケバトルの経歴:
U-12大会 優勝(2015)
U-18最強王者決定戦 優勝(2015)
U-18歌うま甲子園 優勝(2016)

 

精密採点のカラオケマシンで、日本一の歌うまを決めるカラオケ番組「THEカラオケ★バトル」に8度の出場を果たしている鈴木杏奈さん。

12歳以下の部であるU-12や、18歳以下の部であるU-18で何度も高得点を叩きだし、佐々木麻衣・角田龍一・堀優衣らと共にU-18四天王と呼ばれています。

 

U-18唯一の小学生でありながらもその高い歌唱力で、最高得点はDREAMS COME TRUE「未来予想図Ⅱ」で99.625を記録しています。

 

カラオケで99点!?

自分なんて90点台も出たことないのですが……。

 

またとてもかわいらしい顔も人気の一つ。

6歳まで子供モデルをやっていたそうで、納得の美人さんです。

可愛い顔でこぶしの効いた演歌やビブラートのかかった歌を歌うからギャップがたまりません。

そんな歌うまキッズの鈴木杏奈さんの歌唱力の秘密とは何なのでしょうか?




スポンサーリンク

練習の虫 ひたすら歌う鈴木杏奈さん

鈴木杏奈さんは小学生ながら、かなり本格的に歌のレッスンに取り組んでいます。

栃木県在住ではありますが、休日には片道2時間かけて都内のボイストレーニングに通っています。

 

また地元の歌謡教室(のなか歌謡教室)やカラオケボックスに通いつめ、とにかく練習をしているようです。

もちろん天性の才能もあるでしょうが、努力を欠かさず行っている姿に年下ながら敬意すら抱きますね。

 

カラオケバトルの小学生の多くが演歌や民謡経験者です。

鈴木杏奈さんも例に違わず歌謡曲を歌っていたこともあり、小学2年生の頃に演歌を歌っている映像を見つけることが出来ました。

地元宇都宮で行われたCRTカラオケ大会グランドチャンピオン大会の時の映像ということで、この頃から大会などに出場されていたことが分かります。

今でも時々その頃の名残なのかこぶしが効いた歌い方をする時がありますね。

 

過去に歌った曲は

くちびるから媚薬(工藤静香)

黄砂に吹かれて(工藤静香)

スローモーション(中森明菜)

北ウイング(中森明菜)

いい日旅立ち(山口百恵)

未来予想図II (DREAMS COME TRUE)

聖母たちのララバイ(岩崎宏美)

など。

小学生の選曲にしたら時代を感じるものばかりですので、恐らくお母さんの影響を受けているものと思われます。

 

野木町新橋小学校を卒業 夢は紅白出場?

現在小学6年生の鈴木杏奈さんはこの春小学校を卒業し、中学へと入学します。

1月10日に野木町新橋小学校・どんど焼き祭りにゲストとして歌ったことや、地元のテレビで紹介されていたことから、卒業される小学校は栃木県野木町にある新橋小学校であると思われます。

鈴木杏奈 カラオケ

「多くの番組に出る歌手になり紅白に出場すること」と夢を膨らませている鈴木杏奈さん。

「小学生にしては上手」で終わらない才能を秘めていることは間違いありません。

中学に上がり今後どのように活躍されていくのか楽しみですね。

スポンサーリンク

コメントを残す