驫木駅に通う野呂未来乃さんが可愛いと話題に 

青森県にある五能線の駅である驫木駅
青春18切符のポスターで有名になり、1日の利用者は平均8人という秘境駅。
テレビで紹介されてから度々話題に上がりますが、どんなところなのでしょうか。




スポンサーリンク

以前所さんのそこんトコロ!「あなたはナゼ秘境駅へ来たんですか?」で紹介され話題になった驫木駅。

 

何て読むのか最初は分からなかったのですが、とどろきです。

因みに「驫」の字は日本の駅名に私用されている漢字のなかで、一番画数が多い字なのだそうです。

波の音がとどろき、三頭の馬が驚いたというところからこの地名がつけられたそうです。

 

さて、以前テレビで紹介された際に利用者の一人として取材を受けた女子高生、野呂未来乃さんがとてもかわいい子だと話題になりました。

驫木駅女子高生

両親が仕事で遅い為食事を自分で作っている姿や、丁寧な立ち振る舞い、喋り方に多くの視聴者が好感を覚えました。

 

家から駅までは徒歩30分。

そこから電車に乗り7駅離れた鰺ヶ沢の高校に通っています。

卒業後は上京し管理栄養士になりたいという夢を語った野呂さん。
また一人驫木駅の利用者が減ってしまうようですね。




スポンサーリンク

1日の平均利用者が10人を切っている驫木駅は、1日に5回(上下線合わせて10回)のみ電車が止まります。

野呂さんが利用している鰺ヶ沢方面へ向かう電車は、朝の停車が6時25分と7時54分の2本のみ。

後者ですと学校に遅れてしまうので、6時25分には電車に乗っているということですから都心に通うサラリーマン並みです。

東京に行ったら数分に一度やってくる電車の数に驚いてしまいますね。

 

「何もない」がある駅と紹介されただけに、本当に何もない駅です。

驫木駅

しかし日本海を目前に広がる美しい景観。

どんなものがある駅より素晴らしいと思いませんか?
(写真:http://blog.livedoor.jp/otani_arc/archives/52568562.html様より)

 

さて、私が住む長野県にも下伊那郡泰阜村田本にある田本駅が秘境駅と呼ばれています。

田本駅
(写真http://blog.livedoor.jp/gotokentarou/archives/67929071.html様より)

 

近隣集落がダム建設により水没したため駅だけが孤立し、今では1日の平均利用者が2人となっているそうです。

ホームが恐ろしく狭いですし、何より駅に行くまでに細い絶壁を歩かなくてはいけません。

しかし一度はこういう秘境と呼ばれる場所に行ってみたいですね。(住むのは躊躇われますが……)

忙しなく流れていく日々の中では得られないものがあるように思えます。

スポンサーリンク

コメントを残す