「トワイライトエクスプレス瑞風」 運行エリアと停車駅は?

昨年3月に26年間の歴史に幕を下ろした寝台特急「トワイライトエクスプレス」
この名称を受けついだ「トワイライトエクスプレス瑞風」が来年春に運転を開始する予定です。
そんな瑞風の運行エリアと停車駅をご紹介します。




スポンサーリンク

瑞風の運行エリア

1989年から2015年に渡り大阪・札幌間を運行したトワイライトエクスプレスを引き継ぐ形で、運転開始となった「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」

そのデビューが2017年の春に決りました。

 

運行エリアは大阪・京都、山陽・山陰のエリア。

京都・大阪、下関の駅を始発・終着とした一泊二日の山陽・山陰コース(片道)と、二泊三日の周遊コースが用意されております。
また、1日1回は沿線で下車して観光を行う、「立ち寄り観光」も実施する予定です。

それにより日本海や瀬戸内海、多島美などの車窓や、沿線の歴史や文化を楽しむことが出来ます。

 

運行ルートについて

山陽コース(下り)一泊二日

大阪駅・京都駅を出発して下関駅を終着とするコース。

1日目:京都・大阪駅 → 倉敷駅 → 車中泊
(JR神戸線・山陽本線)

2日目:岩国駅 → 下関駅
(山陽本線)

1日目の倉敷駅(岡山県)と2日目の岩国駅(山口県)で立ち寄り観光を行います。

車窓からは明石海峡が望むことが出来ますよ。

明石海峡

 

山陽コース(上り)一泊二日

下関駅を出発し、大阪駅・京都駅を終着とするコース。

1日目:下関駅  →  宮島口駅  →  車中泊
(山陽本線)

2日目:尾道駅 → 大阪駅・京都駅
(山陽本線・JR神戸線)

1日目の宮島口駅(広島県)と尾道駅(同)で立ち寄り観光を行います。

 

宮島:厳島神社

厳島神社

 

山陰コース(下り)一泊二日

大阪駅・京都駅を出発して下関駅を終着とするコース。

1日目:大阪駅・京都駅 → 城崎温泉駅 → 車中泊
(山陰本線)

2日目:東萩駅 → 下関駅
(山陰本線)

1日目の城崎温泉駅(兵庫県)と2日目の東萩駅(山口県)で立ち寄り観光を行います。

 

山陰コース(上り)一泊二日

下関駅を出発し、大阪駅・京都駅を終着とするコース。

1日目:下関駅 → 出雲市駅 → 車中泊
(山陰本線)

2日目:鳥取駅 → 京都駅・大阪駅
(山陰本線)

1日目の出雲市駅(島根県)と2日目の鳥取駅(鳥取県)で立ち寄り観光を行います。

夕方に宍道湖沿いを走るため、車窓より夕日を見ることが出来るようです。

トワイライトエクスプレス瑞風立ち寄り観光

 

山陽・山陰コース(周遊)二泊三日

京都駅・大阪駅を出発し、山陽・山陰を巡り京都駅へと戻ってくるコース。

1日目:京都駅・大阪駅 → 岡山駅 → 車中泊
(JR 神戸線・山陽本線)

2日目:宍道駅・松江駅 → 車中泊
(山陰本線)

3日目:東浜駅 → 京都駅
(山陰本線)

どちらのコースも堪能できる周遊コース。

1日目の岡山駅(岡山県)と2日目の宍道駅・松江駅(島根県)と、3日目の東浜駅(鳥取県)で立ち寄り観光を行います。

 

まとめ

「トワイライトエクスプレス瑞風」の最大の魅力とも言える立ち寄り観光。

各停車駅の見どころや、車窓から見える景色など追加で情報を更新していきたいと思います。

運転開始までにはまだ1年ありますが、運行が早くも楽しみですね。

スポンサーリンク

コメントを残す