内田理央の仮面ライダーにかける想いとオタク部屋 日本大学出身で高学歴

7月からスタートの生瀬勝久さん主演のドラマ「侠飯~おとこめし~」にヒロイン役として内田理央さんが選ばれました。
“腐女子大学生”の結城春菜役を演じる内田さん自身もオタク趣味を持つとのことで、自身と重なる部分があるそうです。




スポンサーリンク

内田理央プロフィール

名前:内田理央(うちだりお)

生年月日:1991年9月27日(24歳)

出身:東京都

身長:166cm(本人いわく165.5cm)

学歴:日本大学鶴ヶ丘高等学校→日本大学法学部卒

所属:プロエンタテインメント

 

スカウトを受け『アイドルの穴〜日テレジェニックを探せ!〜』(日本テレビ)で2010年に芸能界デビューを果たした内田理央さんは、二ヶ月目で『日テレジェニック2010』に選出され、瞬く間に芸能界に浸透していきました。

現在では『MORE』の専属モデルをするほか、女優・タレントとしてドラマやバラエティ、映画など幅広く活躍しています。

高校は日本大学附属の鶴ヶ丘高校を出て、日本大学の文系学部最高峰である法学部へと通われていました。

高校1年生の頃には鶴ヶ丘高校のミスコンに選ばれたこともあり、当時から突出した容姿を持っていたことが分かります。

本来は3年生から選出されるミスコンだったようですが1年生で選ばれたこともあり、もしかしたらやっかみを受けたかもしれませんね。

相当モテていたと思われますが、2014年に彼氏とスタバに居たという情報があるものの現在は付き合っている人はいないようです。

信憑性のある情報ではありませんが、以前は彼氏がいたとしても不思議ではありませんね。




スポンサーリンク

仮面ライダーに起用されなければ引退予定だった?

内田理央さんは2014年の『仮面ライダードライブ』でヒロイン・詩島霧子役に抜擢され一躍有名になりました。

以前より平成仮面ライダーシリーズが好きで『仮面ライダーカブト』のヒロインである高鳥蓮華(手嶋ゆか)に憧れていたそうです。

『仮面ライダードライブ』のオーディションを受けている当時内田さんは22歳であり、社会人になる23歳を区切りとして考えていました。

『仮面ライダードライブ』に起用されなかったら芸能界を辞めることも決めていたようで、無事ヒロイン役に選ばれて何よりです。

この作品をきっかけに女優業も増え始め、テレビドラマでは掟上今日子の備忘録・幕間まくる役やニーチェ先生・立崎萌役、臨床犯罪学者 火村英生の推理・ 鷺尾優子役などを演じています。

オタク部屋に住む

内田理央さんはサブカル趣味を打ち明けている芸能人の一人です。

オタクアイドルとして取り上げられたこともありました。

漫画、アニメ、ゲームといったものが好きで、特に『ジョジョの奇妙な冒険』のファンとのことです。

中でも好きなのは4部と5部とのことですから、現在放送中のテレビアニメ「ダイヤモンドは砕けない」も見ているのかもしれません。

実家は漫画やアニメグッズ、フィギュアに溢れたオタク部屋であることが明らかになっていて、その一部が公開されています。内田理央 部屋

内田理央 部屋4

(画像:http://yaplog.jp/lp-u-rio/archive/589)

アスナと黒雪姫……川原礫ファンでしょうか。

実家で添い寝シーツを広げるとは勇気がありますね。母親がこれを見てどう思うかはわかりませんが。

内田理央 部屋2

少年漫画・少女漫画などジャンル問わず漫画を集めておられるようです。

7月から放送のドラマ「侠飯~おとこめし~」で内田さんが演じるヒロイン・結城春菜は何故かヤクザの組長・柳刃竜一(生瀬)と同棲し絶品料理をふるまってもらうという美味しい役どころ。

ボーイズラブが好きな“腐女子”という設定もあるようで、内田さんがどのように演じられるか楽しみです。

作品は男性中心で、内田さんは紅一点。

「ドラマに華を添えられるよう頑張りたいと思います」と意気込んでいます。

段々と活躍の場を増やしているアイドル女優・内田理央さん。

個性的な彼女のこれからに期待です。

スポンサーリンク

コメントを残す