ファフロツキーズ 数百万匹のカブトムシがアルゼンチンに降り注ぐ!?

数年前に「空からオタマジャクシが降ってきた」と言って日本中で騒ぎになったオタマジャクシ騒動を覚えているでしょうか。
あれは結局鳥が吐き出したものであるとの結論が出ました。
しかし世の中には信じられないものが降ってくるファフロツキーズという怪奇現象が数多くあります。
今回アルゼンチンのビーチに数百万匹のカブトムシが降り注いだ前代未門の現象も、その一つとして騒がれています。




スポンサーリンク

空から振る数百万匹のカブトムシ

アルゼンチンブエノスアイレス州マル・デ・アホ市とサン・ベルナルド市のビーチが一夜にして、数百匹のカブトムシに埋め尽くされたと地元メディアが報じました。

衝撃的なその画像がこれ。

カブトムシ
黒いものがすべてカブトムシです。

カブトムシ大量

気持ち悪いっ!
カブトムシ好きの小学生男児でも泣いて逃げ出しそうなレベルですね。




スポンサーリンク

どうでもいい話ですが、昔見た「ハムナプトラ」という映画で人食い虫として大量に出てきた「スカラベ」を思い出しました。

実際のスカラベは糞ころがしなのですが……

 

それはさておき一夜にして真っ黒に染められてしまった美しいビーチ。

当然観光客は恐ろしくてビーチに出ることも出来ません。

 

地元では商売あがったりの状態で、海の環境を損なわずに駆除する方法に頭を悩ませています。

専門家によりますとカブトムシではなくコガネムシ科のBlack Maize Beetle=Heteronychus Aratorではないかとの指摘もありますが、どちらにせよ異常事態であることに変わりはありません。

自分に言わせればカブトムシもコガネムシもGと同じようなものです。

 

原因は何なのか?

気になる原因ですが特定されておらず、熱い議論が交わされています。

 

「山で羽化したカブトムシが海へと吹き抜ける風に乗ってやって来たのではないか」

「大地震の前触れではないか」

「さらなる天変地異が起こる前兆」

「地球の終わりが近いことを告げる警告」

 

など。

現地では直前に地震が起きていることからも、天変地異や災害と関連付ける意見が多く見られました。

今回のように信じられないようなものが空から落ちてくる現象「FAlls FROm The SKIES」(空からの落下物)を略してファフロツキーズと呼んでいます。

日本で一時期騒がれたオタマジャクシ騒動もそのひとつですが、結局のところ鳥が飛行中に口から吐き出したものであると結論付けられました。

海外でも魚、鳥の血、カエルなどが降る奇怪な現象は見られます。

説明が付くものから原因不明なものまでありますが、今回の甲虫騒動は数が数だけに簡単な理由で説明が付くものなのでしょうか。

とにもかくにも原因が気になる怪奇現象ですね。

スポンサーリンク

コメントを残す