地鳴り・地震雲は地震が来る予兆なのか

昨年末に東京湾付近で地震が頻発し、また今月5日からは地鳴りが聞こえるという声も相次ぎました。
14日午後には北海道南部を震源とするマグニチュード6.7の地震も起き、再来月で東日本大震災から5年を迎える今日、再び地震に注目が集まっています。




スポンサーリンク

昨年末から地震相次ぐ 直前に地鳴りの声も

日本を震撼させた東日本大震災から早いものでもうすぐ5年が経ちます。
そんな今日、年末から地震が相次ぎ再び大きな地震が来るのではないかという声を耳にするようになりました。

1月5日、関東圏に住む人々を中心に地鳴りが聞こえるという報告がツイッターを通して多数発信されました。
気象庁・専門家からの見解はなく飛行機なのではないかとも疑われており、実際に地鳴りと地震の関係は証明されていないようです。
しかし100年近く前の関東大震災の前にも地鳴りが聞こえたという記録があり、東日本大震災の前に地鳴りを聞いたという人がいるようです。

また先日13日から14日にかけて、同じように地鳴りがするという声が多数ありました。
その矢先、14日午後0時25分頃に起きた地震。
北海道東北では震度5弱を記録し、人々の間では地鳴りと地震予知の関係性が再びささやかれています。

 

地震雲は地震の前兆なのか

同じく地鳴りと共に地震の前兆なのではないかと言われているのが地震雲です。

今朝、東の空に極太の飛行機雲かと思うほど綺麗な直線を描いた帯状の雲が出ていました。
残念ながら写真は取れませんでしたが、以下写真と似た雲でした。

地震雲

 

 

 

 

 

(出典:http://ameblo.jp/hana-hana55/)

不気味な雲を見た日に地震が起こるということが過去にも何度かあるように思います。

気象庁では「地震雲という雲は存在しない」「大気の現象である雲と大地の現象である地震は全く関係がない」という見解を発表しており、地震と雲に関係性は無いと言うのが今のところ専門家の判断ということになっています。
しかし電磁波が雲を発生させると証明されており、一説では地殻衝突の際に生じる電磁波により異様な雲が出来るという意見も見られます。

筋状・帯状・竜巻状・放射状など、ふと空を見上げて「あれ、いつもと雲が違うな、変だな」と感じる雲を見つけた時には警戒をしても損はないでしょう。




スポンサーリンク

予言は本当か 今後の予測

先日、ベッキーの不倫騒動とSMAP解散を予言した人が関西方面での地震も予知しているとネット上で騒がれました。

以下がその予言をした書きこみです。

500 :名無しさん@恐縮です@転載は禁止:2015/12/25(金) 12:01:32.61 ID:boe58aea
来年早々に芸能界でスキャンダルが起こります。
人気女性タレントの不倫騒動です。
この事件から6日後に関西方面で大地震が起こります。
その被災地のボランティアにその女性タレントが訪れます。

にちゃんねるが元のように思われるこのレスはだいぶネット上で拡散されましたが、恐らくデマでしょう。
というのも、元となったレス及びスレッドを見つけることが出来ず、このレスのコピペでさらにスレが立ち拡散されている状態というのが真実です。
中には本当に不安に思っている方もいるでしょうが、冷静に判断し必要以上に騒ぎ立てないようにしましょう。

 

しかしながら、JESEA(地震科学探査機構)が1月13日に発行した地震予測サマリ-では

 

〇要警戒地域
(震度5以上の地震が発生する可能性が極めて高い)
南海・東南海地方
北信越地方・岐阜県

〇要注意地域
(震度5以上の地震が発生する可能性が高い)
東北・関東の太平洋岸、奥羽山脈周辺
南関東地方(相模湾、駿河湾、東京湾に面する地域・伊豆諸島)
鳥取県・島根県・岡山県周辺

〇要注視地域
(震度5以上の地震が発生する可能性がある)
根室・釧路地方
熊本県、長崎県、宮崎県周辺

とあるように鳥取・島根など関西地域も地震の発生の可能性があると発表しています。
地震大国とも呼ばれる日本ですので、どこに住んでいても警戒しておくことに越したことはありませんね。

今月の17日で甚大な被害をもたらした阪神・淡路大震災からは21年目が経過します。
過去の地震を振り返りながら、今後の対策についても考えていく必要があるでしょう。

 

アイキャッチ画像 出典:http://blog.kamishihoron.com/resources/member/000/075/0000848/large/6ulbFF6u.jpg

スポンサーリンク

1件のトラックバック

コメントを残す