勝恵子は勝海舟の子孫? 旦那の海老原高明は小学館の取締役!

セントフォース所属のベテランアナウンサーである勝恵子さんですがエティ番組の出演は少なく、「今夜くらべてみました」に登場すると話題になっています。

勝海舟の子孫と言われているのは本当? 結婚歴や子どもは?

気になる情報を調べてみました。




スポンサーリンク

勝恵子プロフィール

名前:勝恵子(かつけいこ)

本名:海老原恵子(えびはら・勝は旧姓)

生年月日:1966年12月9日

出身:愛媛県

大学:学習院大学文学部卒

所属:セント・フォース

趣味:フラワーアレンジメント

愛媛県の生まれでありますが、高校は兵庫県にある兵庫県立神戸高等学校に通われていたようです。

県立高校でありながら兵庫県内でも屈指の進学校と呼ばれる高偏差値を誇っている高校でもあり、多くの政界人や学者・文化人・スポーツ選手を輩出している名門校です。

みため通りかなり優秀な方のようですね。

卒業後は皇族御用達学校で有名な学習院大学の文学部に進学しました。

しかしながら就職活動期は苦しかったようで、大学4年生の頃からアナウンサーを志した勝さんはNHK以外すべての東京都内にあるテレビ局を受けたものの惨敗。

アナウンサー志望の人は大学入学を果たした頃から就活を意識している人も多いですから、そのような人と張り合うのは難しかったのでしょう。

しかし朝日テレビの試験を受けた際、当初は落ちていたのですがたまたま最終試験の様子を見ていた朝日テレビのプロデューサーの目に止まりました。

そして運よく『ニュースステーション』のお天気予報のをつとめることに成功したのです。

人生何があるかわかりませんね。

その後日本テレビ・フジテレビの「ザ・ワイド」「めざまし天気」などの仕事を得て、現在のフリーアナウンサーとしての地位を築きました。




スポンサーリンク

結婚や子供は? 旦那の海老原高明とは?

勝さんは1度朝日スポーツ局記者である人と1993年に結婚していますが、2000年に離婚しています。

二人の間にお子さんはいなかったようです。

詳しい理由は明かされていませんが、その後2004年には海老原高明さんという元「週刊ポスト」の編集長であった男性と再婚をしました。

海老原さんは現在では小学館の取締役をしている方です。

今でも勝さんは旧姓で仕事をしていますが、そのようなことから本名は海老原恵子さんということになります。

2006年には長男の周作くんを出産。3か月後には仕事に復帰しています。

今では旦那の高明さんと息子の周作くん、ペットのプードル・ボーイちゃんと4人家族、楽しく暮らしているようです。

 

勝海舟の子孫?

勝さんで検索をすると、ネット上には勝海舟の子孫か?といった記事がいくつか存在します。

勝海舟と言えば幕末を舞台にした歴史小説やドラマでは必ず登場する人です。

徳川家の御家人で旗本の家出身である勝海舟は、広い視野で江戸末期の世を見て、以降の世を築いた一人でもあります。

意外にも正妻以外にも女中などの妾が数人おり、8人との間に子供を生したそうです。

そんな勝海舟と勝恵子さんは関係があるのでしょうか?

結論から言ってしまうと、勝海舟と勝恵子さんは赤の他人であるようです。

勝海舟は生粋の江戸っ子ですし、勝恵子さんは愛媛県の生まれです。

勝さん自身もよく尋ねられることがあるそうですが、恐らく「勝」という苗字が珍しいためであるかと思われます。

これが「坂本」だったり「高杉」だったりしたら聞かれることは少なかったでしょう。

また勝という苗字自体は全国で5500人ほどいるようなので、少ない方ではありますが特別珍しいというわけでもなさそうです。

実際の子孫として知られている方は、ガラス工芸家の高山みな子さんという方でした。

勝という苗字ですらありませんね……。

 

お天気キャスターなどの仕事をメインにこなしてきた勝さんは、メインキャスターの仕事や司会は少な目でした。

年齢を重ねた今ではそれらの仕事も少なくなり、テレビで見掛ける機会も減ってしまいました。

今回はトーク系のバラエティに初登場とのことですが、今後は別の方面での露出も考えているのかもしれません。

今後の活躍に期待です。

スポンサーリンク

コメントを残す