「ゆとりですがなにか」あらすじと相関図・キャスト&スタッフまとめ

4月17日よりスタートの日本テレビ系連続ドラマ・ゆとりですがなにか。

宮藤官九郎が描く“ゆとり世代の抵抗”に期待が高まりますが、ここで本作のあらすじと
キャスティングや相関図、スタッフなどを詳しくまとめてみました。




スポンサーリンク

イントロ

「野心がない」「競争意識がない」「協調性が無い」

社会は彼らをゆとり世代と名付けた。

“ゆとり第一世代”と言われながらも全くゆとりのない人生を送ってきた1987年生まれの彼らは、今年29歳になる。

土日は塾通い、就活の年にリーマンショック、入社一年目の3月に東日本大震災。

みんな違ってみんな良い。

そんな教えはいずこに行った。

気がつくと優勝劣敗の競争社会に生きる彼らは、本当にゆとりなのか?

 

“ゆとり第一世代”と呼ばれるアラサーの若者3人を宮藤官九郎が描く社会派ドラマ!

<公式サイトより 改変有>

 

というわけで本作は「ゆとり世代」に焦点を当てた宮藤官九郎さん初となる社会派ドラマです。

クドカンはコメディだけやってりゃいいんだよ!との声も聞きますが、一体どのような作品となるのかゆとりど真ん中世代の私は楽しみですね。

 

ゆとりは本当にゆとりなのか?

これは多くのゆとり世代が疑問に思い続けていることなのではないでしょうか。

何しろ幼い頃に受けた教育と、大人になってからの現実があまりに乖離しすぎているのです。

「みんな違ってみんな良い」「ナンバーワンにならなくてもいい。もともと特別なオンリーワン」なんて言われて育っても、結局のところ社会はナンバーワンの人間を求めているわけです。

 

そんな現実に悩む若者3人の姿を中心に現代社会を描くドラマはどんなストーリーなのでしょうか?




スポンサーリンク

あらすじ

ゆとり第一世代と呼ばれる坂間正和(岡田将生)は、就職難を乗り越え食品メーカーに入社して7年目になるサラリーマン。

堅実に生きている正和だが、部署を転々とし居酒屋「鳥の民」への出向が決まる。

 

激務の中で溜まる鬱憤を聞いてもらうため「レンタルおじさん」こと麻生厳(吉田鋼太郎)を指名した正和は、そこで小学校教諭の山路一豊(松阪桃李)と知り合い意気投合する。

そのまま夜の街を歩く二人だったが、そこに店の客引き道上まりぶ(柳楽優弥)が現れる。

 

現在分かっているあらすじは上記の限りです。

 

主人公は所謂普通のサラリーマンですが、そこに小学校や夜の仕事といった特殊な世界も交じり、より多方面から世の中を写す構成になっているようです。

 

スタッフ

「ゆとりですがなにか」を手掛けるスタッフは以下の通り。

脚本:宮藤官九郎

演出:水田伸生 相沢淳 鈴木勇馬

プロデューサー:伊藤響 枝見洋子 茂山佳則

 

宮藤官九郎さんは「木更津キャッツアイ」や「タイガー&ドラゴン」「うぬぼれ刑事」「11人もいる!」最近では「あまちゃん」など多くの名作を生み出しています。

「ぼくの魔法使い」や「舞妓Haaaan!!!」などでコンビを組んだ水田さんと再びコンビを組んでのドラマとなります。

「社会人経験ゼロの私が、45才にして初めて挑む社会派ドラマ」とクドカンさんがおっしゃるように今までのクドカン作品にはない色を見せてくれること間違いなしですね。

 

キャスト・人物紹介/相関図

坂間正和(岡田将生)

1987年東京生まれ。

食品メーカー「みんみんホールディングス」に勤める7年目のサラリーマン。

実家は酒屋だが先月に父が他界。

母と兄、兄嫁、妹と暮らしている。

チェーン店の居酒屋「鳥の民」に店長として出向を命じられる。

 

山路一豊(松坂桃李)

1987年福島生まれ。

都内の小学校で教師を務める。現在は4年生を担当。
児童からは「やまじー」と呼ばれる。

学校の要望や親からのクレームに板挟みになる日々を送るが、教育実習生として女子大生に告白される。

 

道上まりぶ(柳楽優弥)

1987年東京生まれ。

幼少期は神童と呼ばれ名門中学に通うものの大学受験に失敗。

以来定職にはつかず東大合格をめざし11浪中だが、夜の繁華街で客引きを行う。

年上の嫁と生まれたばかりの娘・セレブと3人で暮らしている。

 

宮下茜(安藤サクラ)

正和の同期。

順調に出世し、正和の出向先でエリアマネージャーを務める。

 

山岸ひろむ(太賀)

1993年生まれの真正ゆとり世代。
社会人2年目で正和とたびたび対立する。

 

麻生厳(吉田鋼太郎)

レンタルおじさんとして老若男女の相談に乗る。本業はカウンセラー。

バツイチで若い女性と結婚し、現在は子持ち。

 

坂間ゆとり(島崎遥香)

1995年生まれの就活生、正和の妹。
ウェブに長け合理的に生きるゆとり世代で、兄の生き方を「古い」「昭和臭い」と批判する。

ほか、多くのキャストが発表されています。

ゆとりですがなにか相関図
(公式サイトより)

 

まとめ

公式によるとみどころはレンタルおじさんの麻生(吉田)

1時間1000円で貸し出され、老若男女の相談を受けている男性が登場します。

怪しいものではなく、出張カウンセラーのようなものでしょうか。

彼と岡田や松坂らの相談のやりとりが必見とのことです。

物心ついた頃には既にバブルが崩壊し、不況の世の中しか知らない世代。

そんな若者の姿は一体どのように描き出されるのでしょうか。

そしてこのドラマは多くの世代に何を考えさせてくれる作品となるのでしょうか。

4月17日スタートの「ゆとりですがなにか」に期待です!

 

スポンサーリンク

コメントを残す