「ゆとりですがなにか」ぱるる(島崎遥香)が坂間ゆとり役として決定!

4月17日より放送予定の連続ドラマ「ゆとりですがなにか」にAKB48のぱるること島崎遥香さんの出演が決定しました。

以前より噂されてはいましたが、主人公岡田将生さん演じる坂間正和の妹・坂間ゆとり役として女子大生を演じることとなりました。




スポンサーリンク

ゆとりですがなにかとは?

「ゆとりですがなにか」は4月17日スタートの連続テレビドラマ。

岡田将生さん主演の他、柳楽優弥さん、松坂桃李さん等をはじめ豪華キャストと、脚本・宮藤官九郎さんで描かれる社会はドラマです。

いわゆる“ゆとり第一世代”と呼ばれる87年生まれのアラサー3人を中心に、ゆとり世代の抵抗を演じます。

詳しいあらすじやキャストについては追って更新しますが、今回キャストとして決まったぱるること島崎遥香さんの役柄についてみていきましょう。




スポンサーリンク

坂間ゆとりとは?

「ゆとりですがなにか」はすでに島崎遥香さん以外のキャストが決まっている状態でした。

相関図は以下の通りです。

ゆとりですがなにか

 

この時点で決まっていないのは、岡田さん演じる主人公・坂間正和の妹(坂間ゆとり)のみ。

 

実は島崎遥香さんと岡田将生さんが一緒にいる姿が目撃されており、以前からドラマで共演するのではないかと噂されていました。

 

また妹・坂間ゆとりは(すごい名前だな……)就活中の女子大生で1995年生まれとのこと。

演じる島崎さんは1994年生まれで年も近いため、演じるのであればまだキャスト未定枠である坂間ゆとり役だろうと言われていました。

 

噂通り、坂間ゆとり役を演じることが明らかになりましたね。

 

坂間ゆとりは、就職活動中の女子大生、平成生まれの所謂“真正ゆとり世代”です。

 

兄・坂間正和(岡田)は食品メーカーに勤める堅実なサラリーマンですが、そんな社会にしがみつく兄を古臭いと批判する今時の女の子。

ウェブに精通し合理的に生きる坂間ゆとりですが、就活で現実社会を知り、また恋愛でも思い悩む姿を見せるそうです。

 

あっさりとした今時の女子大生を島崎さんがどのように演じてくれるのか楽しみですね。

 

恐らく最初は兄のことを批判する生意気な妹なのでしょうが、就活を通し、また兄の姿を見てどのように変わって行くのか見物です。

まとめ

島崎さんはAKB関連のドラマを除くと、今回がドラマ初レギュラーとなり、以下のような意気込みを見せています。

素晴らしいキャストの皆さんの中に入れていただけて光栄です。
お芝居の経験はとても浅く未熟者ではありますが精いっぱい務めたいと思います。
台本がとても面白く、もうすでにこのドラマのファンになっています。
皆さん、お楽しみに!!

初レギュラーということもあり本人がおっしゃるようにまだ演技の腕は未熟だと思われます。

しかし坂間ゆとりの成長と共に、島崎遥香さんの女優としての成長も見守りたいですね。

スポンサーリンク

1件のトラックバック

コメントを残す