一ノ瀬メイはハーフ? 高校や大学は? 手の障害を乗り越えリオパラリンピック選手に

リオデジャネイロ・パラリンピック出場が決定した競泳選手・一ノ瀬メイさんに注目が集まっています。

競泳でいくつもの成績を残す一方で、英語スピーチコンテストでは全国優勝をする英語力。
さらに水のプリンセスの愛称もつく美しさ。

今回は各方面で注目されている一ノ瀬メイさんをご紹介します。




スポンサーリンク

一ノ瀬メイプロフィール

名前:一ノ瀬メイ(いちのせ)

生年月日:1997年3月17日(19歳)

出身地:京都府

高校:京都市立紫野高等学校

大学:近畿大学(水上競技部所属)

正式にリオパラリンピックの日本代表に決まった一ノ瀬選手。

顔だちや名前から想像出来る通り、日本人の母親とイギリス人の父親を持つハーフです。

父親についての詳細は不明ですが、幼い頃から家の中では英語で会話をしていたようです。

小学4年から1年間英国で暮らしていた経験は、障害に対する日本と海外の理解の違いについて知る機会にもなりました。

2016年の春からスポーツ推薦で進学した近畿大学の水上競技部に所属し、意欲的に練習に取り組んでいます。




スポンサーリンク

水泳の経歴

1歳から市内の障害者スポーツセンターで水泳を始めた一ノ瀬メイさんは、7歳の頃同センター職員でパラリンピックの日本代表監督であった猪飼聡さんに勧められてパラリンピックを目指し始めました。

現在では日本記録を5つ保持するパラスイマーに成長しました。

中学2年の時に、中国・広州のアジアパラリンピックに史上最年少として出場した経験も持ち、初出場で50メートル自由形で銀メダルを獲得。

また京都市立紫野高等学校在学中の3年時に出場した2014年アジア競技大会では、200m個人メドレークラスSM9、100m平泳ぎクラスSB9で銀メダルを獲得しました。

リオパラの日本代表選考会では200m個人メドレーで自己ベストを更新。

6月に行われた国際大会では、平泳ぎの50メートルでアジア新記録、100メートルでは自己記録を更新しするなど、選手としてとて脂がのって来ている時期だと思います。

 

障害とスピーチ

一ノ瀬メイさんは先天性右前腕欠損症という、生まれつき右腕の肘から下が無い障害を持っています。

9歳の頃、健常児と同じレベルの泳力であったにもかかわらず腕の短さを原因にスイミングクラブの入会を断られてからずっと障害について考えてきたそうです。

その思いをスピーチにして「第8回全国高等学校英語スピーチコンテスト」で語ったところ、全国優勝を果たしました。

英語が流暢であるのは父親のおかげだとは思いますが、その内容も素晴らしいものです。

【全英連 第8回 全国高等学校英語スピーチコンテスト】一ノ瀬メイ選手動画

一ノ瀬さん曰く「障害ではなく特徴。なんでも一人で出来る」とのこと。

実際に水泳はもちろん、自転車に乗ることも髪を結うことも、料理をつくることも出来ます。

社会が「障害を持っている」と決めつけて障害者を作りだすのなら、社会が障害者をなくすこともできると胸の内を語りました。

一ノ瀬さんは持ち前の明るさで障害を個性と捉え、必要以上に障害者であるというレッテルを貼られることが嫌なようです。

自分の存在が、社会の障害者に対する目を少しでも変えられればという想いを抱き、一ノ瀬さんは今日も泳ぎ続けます。

一ノ瀬メイさんがリオパラリンピックで活躍することで、勇気を貰える人がきっといると思います。

スポンサーリンク

コメントを残す