リアルおそ松さんはあり得るのか!?

新年になり、アニメおそ松さんも2クール目に突入しました。
中毒性のあるOPとオシャレなEDは変わらず、中身も下品かつぶっ飛んだ展開。
さて、そんなおそ松さんを見ていて常々思うのは『リアル六つ子っているの?』
というわけで今回は多胎児について調べてみました。




スポンサーリンク

おそ松さんとは?

2015年10月より放映されている『おそ松さん』は『おそ松くん』の作者である赤塚不二 夫の生誕80周年を期に作られたアニメであり、大人になった六つ子たちの日常を描いた ドタバタギャグコメディです。

人気声優の大量起用、第一話から他作品のパロディ、ブラックジョークや下ネタのオン パレード、そして何より六つ子が全員ニート。

このような要素により放送開始直後から話題となっているアニメ作品です。

本家『おそ松くん』では全員同じ顔、性格もほぼ同じ(若干の違いは一応あります)で 誰が誰だか本当に見分けがつきません。

しかし『おそ松さん』では全員にイメージカラーがつき※、性格や見た目にも差異を出 している為比較的区別がつきやすくなっています。

とは言え設定上は一卵性の六つ子であるため、見間違うことが度々ありますが。

(※イメージカラーは おそ松・赤、カラ松・青、チョロ松・緑、一松・紫、十四松・ 黄色、トド松・ピンク となっている。おそろいの色違いパーカーによって分かる)

さて、おそ松さんの話はここまでにしておき、実際の六つ子・多胎児についてまとめていきたいと思います。




スポンサーリンク

確率は40億分の1 リアル六つ子は存在する

多胎児妊娠の場合、胎児の栄養に問題があり発育遅延が発生する確率が高いです。

本来であれば一人用のベッドに数人が寝ているのですから当然ですが、そのため単生児の出生時平均体重が3.02kgであるのに対し、多胎児は平均体重が2.20㎏しかありません。

人工的な堕胎、死産、生まれて間もなくの早逝など、多胎児のうちの数人もしくは全員が亡くなってしまうケースが多く、幼年期以降まで全員が揃って存命する確率はかなり低いようですね。

日本では1705年(宝永2年)丸亀藩(現香川県)で六つ子が生まれたと記されている資料もありますが、その後の成長については不明です。

 

そんな中、世界初の全員が幼年期以降まで成長した六つ子は1974年1月11日、南アフリカ共和国のケープタウンにて生まれたローゼンコウィッツ家の子どもたち。

またイギリスリバプール家で1983年11月18日に生まれた六つ子は幼年期以降まで成長した世界初の同性の六つ子なんだとか。

6人の女の子たちは全員元気に育ち、今では母親になっているそうです。

 

最近だと2008年10月20ドイツのベルリンで男児4人、女児2人の六つ子が誕生したというニュースがあります。

このようにリアルでの六つ子は存在しているようですが、その確率は40億分の1ということで奇跡的の数字。
恐らく自分の身近で見ることは出来ないでしょうね。

しかしながら残念ですが上記の六つ子ちゃんたちは二卵性、もしくはそれ以上の受精卵から出来た子どもたちです。

双子ではよく一卵性・二卵性という言葉を聞きますよね。

一卵性双生児は1つの受精卵が二つに分裂して出来たものですから、DANや血液型、性別すべてが同じになり、見た目はほぼ同一人物というくらいそっくりです。
(ごく稀に異性一卵性双生児もあるとのこと)

対して二卵性は受精卵が偶然二つ出来て着床したものなためDNAは異なり、性別や血液型も異なる場合があります。

たまたま同時期に母親のお腹の中にいた誕生日が同じ兄弟くらいに考えて頂けでばよいでしょう。
そのため兄弟程度には似ていますが、一卵性のようなそっくりになることは稀です。

一卵性が双子になるためには分裂をしなくてはいけなく、三つ子以上の一卵性の場合は複数回の分裂が必要になります。

そのため三つ子以上の一卵性は非常に稀なケースであり、一卵性の最大多胎妊娠の記録は現在のところ周胎(五つ子)であるようです。

つまり一卵性の六つ子というのは今のところ存在していた記録がありません。

厳密な意味で考えると、リアルおそ松さんはまだ存在していないということになりますね。

 

まとめ

残念ながらリアル一卵性六つ子というのは存在していないようでした。
しかしながら六つ子という点では稀であるものの生まれることが分かりました。

なんと出産時に全員が生存していた最大多胎児は八つ子だというのだから驚きです。

育てていく両親の経済的・心身的苦労は測り知れないでしょうがにぎやかで楽しそうですね。

しかし全員がニートになんてなった日には……怖ろしい限りです。

『おそ松さん』は恐らく最終回まであのままの彼らでしょうが、残り1クール見守っていきたいです。

スポンサーリンク

コメントを残す